現在の位置
市民の皆さんへ
福祉
介護保険
住宅改修費

住宅改修費

ページID : 102782

概要

 山形市の被保険者で、要支援・要介護の認定を受けた方のうち、心身の状況や住宅の状況等から住宅改修が必要であると山形市(保険者)が認めた場合で、実際に居住し住民登録をしている住宅についてのみ改修が行われた場合に対象となります。
対象となる住宅改修をした場合、申請により、住宅改修に要した費用(補助対象上限額20万円)の9割または8割に相当する額を支給します。
※新築、増築の場合は、支給対象となりません。

支給対象となる住宅改修の種類

  1. 手すりの取付け
  2. 段差の解消
  3. 滑りの防止や、移動を円滑にするための床又は通路面の材料の変更
  4. 引き戸等への扉の取替え
  5. 洋式便器等への便器の取替え
  6. 1~5の工事に伴って必要となる住宅改修

支給方法

 住宅改修費支給については、償還払いと受領委任払いの2種類があります。

償還払い

 被保険者がいったん工事費用の全額を負担し、申請により被保険者へ給付するものです。

受領委任払い

 被保険者が、あらかじめ山形市と契約した施工業者に介護給付費の受領を委任した場合、費用(限度額以内)の1割または2割分を支払い、残りの9割または8割分は山形市が施工業者に直接支払うものです。

住宅改修費支給の流れ(償還払い)

1 相談

 ケアマネジャー又は地域包括支援センターに相談し、住宅改修理由書の作成を依頼します。
※介護認定申請中または入院中の方も事前申請は可能ですが、工事後の支給申請
  は、認定結果が出
てから、または退院(一時帰宅は不可)してからになります。認定
  結果が「非該当」の場合、ま
たは退院、退所できない場合、保険給付は受けられませ
  ん。

2 施工業者の選定

 見積を依頼し、業者を決定します。

3 事前確認申請

 次の書類を提出し、事前確認申請をします。
  1. 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修事前確認申請書
  2. 住宅改修が必要な理由書(ケアマネジャー等が作成します。)
  3. 見積書(部材等の定価の表示があるカタログ等のコピー添付)
  4. 平面図(生活動線を記載したもの)
  5.  改修予定箇所の写真(日付の入っているもの)
  6. 住宅所有者の承諾書(賃貸等の場合)
※ 事前確認申請書の提出は、ケアマネジャー又は施工業者に依頼することも可能です。

4 事前確認申請の決定

 3の申請について審査した後、「介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修承認(不承認)決
定通知書」が申請者(被保険者)あてに送付されます。

5 工事の着工・工事費の支払い

 決定通知後、改修工事を行います。事前申請の内容と変わる場合は、必ず着工前に市へ相談ください。工事完了後は、代金を施工業者に支払いし、領収書を受け取ります。

6 支給申請

 次の書類を提出し、住宅改修費支給の申請をします。
  1. 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書
  2. 住宅改修箇所の写真(日付の入っているもの、部材の確認ができるもの)※1枚で写りきらない場合は、複数枚に分けて撮影願います
  3. 被保険者あて(フルネーム)の領収書
  4. 完成工事費内訳書(事前申請の内容と変更がある場合のみ)
  5. 委任状(被保険者以外の方が受け取る場合)
  6. 申立書(改修後被保険者本人が死亡し、相続人の方が申請する場合)
  7. 請求書(窓口払用)窓口払を希望した方のみ
※ 支給申請書の提出は、ケアマネジャー又は施工業者に依頼することも可能です。

7 支給申請の決定及び支給

 6の申請について審査した後、申請した翌月の上旬に「介護保険給付費支給決定通知書」が申請者(被保険者)あてに送付されます。保険給付費については、申請した翌月末に指定口座に振り込まれます。
※窓口払を希望される方は、支払日以降に山形銀行山形市役所支店でのお受取りになります。 申請書に押印した印鑑と介護保険給付費支給決定通知書を持ってお越しください。

住宅改修費支給の流れ(受領委任払い)

1 相談

 ケアマネジャー又は地域包括支援センターに相談し、住宅改修理由書の作成を依頼します。
※介護認定申請中または入院中の方、介護保険料を滞納している方は、受領委任払いでの住宅改修はできません。償還払いでの申請になります。

2 施工業者の選定

 受領委任払いを実施している施工業者を選び、見積を依頼します。

3 事前確認申請

 次の書類を提出し、事前確認申請をします。
  1. 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修事前確認申請書(受領委任払い用)
  2. 住宅改修が必要な理由書(ケアマネジャー等が作成します。)
  3. 見積書
  4. 平面図(生活動線を記載したもの)
  5. 改修予定箇所の写真(日付の入っているもの)
  6. 住宅所有者の承諾書(賃貸等の場合)
※ 事前確認申請書の提出は、ケアマネジャー又は施工業者に依頼することも可能です。

4 事前確認申請の決定

 3の申請について審査した後、「介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修承認(不承認)決
定通知書」が申請者(被保険者)宛に送付されます。また、施工業者にも別途通知しますが、担当者に通知が届いたことをお伝えください。

5 工事の着工・工事費の支払い

 決定通知後、改修工事を行います。事前申請の内容と変わる場合は、必ず着工前に市へ相談ください。工事完了後は、通知にある自己負担額を施工業者に支払いし、領収書を受け取ります。

6 支給申請

 次の書類を提出し、住宅改修費支給の申請をします。
  1. 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書(受領委任払用)
  2. 住宅改修箇所の写真(日付の入っているもの)
  3. 領収書
  4. 完成工事費内訳書(事前申請の内容と変更がある場合のみ)
  5. 申立書(改修後被保険者本人が死亡し、相続人の方が申請する場合)
※ 支給申請書の提出は、ケアマネジャー又は施工業者に依頼することも可能です。

7 支給申請の決定及び支給

 6の申請について審査した後、申請した翌月の上旬に「介護保険給付費支給決定通知書」が申請者(被保険者)あてに送付されます。保険給付費については、施工した施工業者の指定口座に振り込まれます。

住宅改修の受領委任払いの契約について

 「受領委任払い方式」で保険給付を受けるためには、山形市と事業者で受領委任払いの契約を締結する必要があります。希望する事業者の方は、契約書に必要事項を記入し市に2部提出ください。また、振込口座を指定する場合は「口座振替(変更)依頼書」も合わせて提出ください。受付は随時行います。

申請書等


このページの作成・発信部署