現在の位置
市民の皆さんへ
教育・スポーツ
学校給食
山形市学校給食センターの概要

山形市学校給食センターの概要

ページID : 100677

山形市学校給食センターの概要

 山形市では、昭和42年度から、飯塚町の学校給食センターでの共同調理場方式による学校給食の提供を開始しました。当初小学校10校・中学校8校の計18校を対象にしていましたが、昭和45年度に第2調理棟を増築し、蔵王温泉の2校を除く小・中学校50校に対象を拡大しました。しかし、建設から約40年が経過し、施設・設備は老朽化が著しく、耐用の限界に近づいておりましたので、学校給食の共同調理場として、PFI方式に基づいて建設をすすめ、平成21年4月に大字沼木地内に新築移転しました。現在は市立小学校36校、中学校15校合わせて51校、約21,000食を提供しています。

 調理業務と施設の維持管理業務を民間企業である(株)山形学校給食サービスに委託しています。なお、献立作成業務や学校との連絡調整業務、食数管理業務、栄養指導業務、給食用食材の調達業務などは市が行っています。
            

このページの作成・発信部署