現在の位置
市民の皆さんへ
教育・スポーツ
学校給食
学校給食について

学校給食について

ページID : 100681

学校給食のはじまり

 わが国の学校給食は、明治のなかば、貧困な子どもたちを救おうとするところから始まりました。1889年(明治22年)に山形県鶴岡町(現鶴岡市)の大督寺境内にある、私立忠愛小学校において、おにぎり・焼き魚・漬け物といった昼食を貧困児童に出したのが日本で初めての給食とされています。戦後、児童・生徒の栄養補給を目的として再開されました。昭和29年に「学校給食法」が制定され、その後、子どもたちの心身の健全な発達に教育上の役割が認められ、教育活動の一環として、学校給食は定着しました。

学校給食の目標(学校給食法第2条)

  1. 適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること
     
  2. 日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養うこと
     
  3. 学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと
     
  4. 食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと 
     
  5. 食生活が食にかかわる人々のさまざまな活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと 
     
  6. 我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること 
     
  7. 食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと
 

山形市の学校給食

  • 「主食・おかず・牛乳」の3つを組み合わせた「完全給食」を実施しています。主食と牛乳は業者から学校に直接運ばれ、おかずは当センターで調理し、学校に配送しています。
  • 献立は、市の管理栄養士が中心となり、献立作成委員会(校長先生と給食主任の先生で構成)で検討し、決定しています。
  • 主食は、ごはん・パン・めん(ソフトめん又は中華めん)の3種類です。ごはんについては、小学校が週3.6回、中学校が週3.7回、全体では週3.6回の割合となっています。夏場(6月から9月まで)は、めんの使用を控えています。

平成29年度 給食費の内訳(円)

区分 給食費  主食 おかず  牛乳 消費税
小学校 265 57.00 141.61 46.76 19.63
中学校 305 63.90 171.75 46.76 22.59





学校給食摂取基準

 山形市の学校給食は、学校給食摂取基準に基づいて献立を作成しています。

  基準値はこちら
 


このページの作成・発信部署