現在の位置
市民の皆さんへ
教育・スポーツ
学校給食
アレルギー対応食の提供について

アレルギー対応食の提供について

ページID : 101691
 食物アレルギーを有する児童生徒はかなりの数にのぼり、アレルゲンもさまざまですが、特に人数の多い「卵」と「乳製品」に限定したアレルギー対応食を、学校及び保護者の方々のご理解とご協力を得て、平成22年1月から提供しています。
 

制度の概要

  • 卵除去、乳除去、卵・乳除去の3種類のアレルギー対応食を提供します。
  • おかずについては通常の献立を基本として、卵、乳製品を含むものがある場合に、その除去食、または代替食を提供します。
  • 主食(ごはん、パン、めん)については対応しませんが、主食に卵、乳製品が含まれる場合は、アレルギー対応食の献立表でお知らせします。

対象者

 卵、乳製品に対して食物アレルギーを持ち、医師の指示書又は診断書を添えた申請がある児童生徒とします。

調理及び提供

  • アレルギー対応食の調理は、基本的に専用の調理室で行いますが、一部通常給食の調理室で調理したものも使用します。
  • アレルギー対応食の調理には、専任の調理者が年間をとおして従事します。
  • 提供する給食には、アレルギー対応食の種類に応じ、卵、乳製品を含む食材は使用しません。
  • 揚げ物用の油は、それぞれのアレルギー対応食専用とします。
  • 一人分ずつ専用のランチボックスに入れてお届けします。

                             
 

 
  • 各クラスの食器の数には対象児童生徒の分も含まれていますので、アレルギー対応食用でない通常給食用の食器に移し替えて食べることも可能です。
  • ランチボックス、調理器具等の洗浄及び消毒は、専用のコーナーで行います。 
  • アレルギー対応食の献立表は、通常の献立表と一緒に配布します。
  • アレルギー対応食は、通常の給食費と同額で提供します。

アレルギー対応食の提供を希望される場合

  1. 申込み
各学校にお申し込み下さい。なお、申込書は学校に用意してあります。
  1. 説明を中心とした面談の実施
申し込み者を対象として、説明を中心とした面談を実施させていただきます。日時、場所等は後日ご連絡いたします。 
  1. 必要書類の提出
面談後、アレルギー対応食を希望する場合は、医師の指示書又は診断書を学校に提出していただきます。
  1. 対応食の提供
学校給食センターで申請内容を審査後、提供の開始については学校をとおしてご連絡いたします。

このページの作成・発信部署