現在の位置
市民の皆さんへ
子育て
乳幼児健診・予防接種
予防接種を受けることができないお子さん

予防接種を受けることができないお子さん

ページID : 107594



次のようなお子さんは、 副反応が強く出ることがありますので予防接種は受けられません。

  • 発熱している
  • 重い急性疾患にかかっている
  • その日に受ける予防接種によって、または予防接種に含まれる成分で、 ひどいアレルギー反応(アナフィラキシー)を起こしたことがある
  • 麻しん風しん混合(MR)・麻しん・風しん・流行性耳下腺炎 (おたふくかぜ)・水痘(水ぼうそう)・BCG等の 生ワクチンの予防接種を受けて27日を経過していない
  • B型肝炎・ヒブ・小児肺炎球菌・四種混合・ 日本脳炎等の不活化ワクチンの予防接種を受けて6日を経過していない
  • その他、医師が不適当な状態と判断したとき
 

異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔

  • 生ワクチン(麻しん風しん混合(MR)、麻しん(M)、風しん(R)、BCG、ロタ、おたふくかぜ、水痘など) 接種後は、次の予防接種まで27日以上間隔をあけること。
  • 不活化ワクチン (B型肝炎・四種混合(DPT-IPV)、三種混合(DPT)、不活化ポリオ、二種混合(DT)、破傷風、インフルエンザ、日本脳炎など) 接種後は、次の予防接種まで6日以上間隔をあけること。
  • B型肝炎・ヒブ・小児肺炎球菌予防接種・四種混合予防接種・日本脳炎予防接種は、接種回数が多く、確実に免疫をつけるためには、 予防接種法に定められた接種間隔どおりに接種を受けることが大切です。
 

※ポリオは従来生ワクチンとして経口接種で実施しておりましたが、 平成24年9月1日より一斉に不活化ワクチンに切り替わりました。

 

※予防接種法に定められた接種間隔から外れた場合の接種において、健康被害等が生じた際には、 原則として予防接種法による健康被害救済の対象とはなりませんのでご注意ください。

 

※予防接種を受ける前は、母子健康手帳、 母子健康手帳別冊、予防接種と子どもの健康などに必ず目を通してください。


 


このページの作成・発信部署