現在の位置
市民の皆さんへ
子育て
乳幼児健診・予防接種
【先天性風しん症候群の予防のために】風しん抗体検査費用の全額助成と予防接種費用の一部助成をしています

【先天性風しん症候群の予防のために】風しん抗体検査費用の全額助成と予防接種費用の一部助成をしています

ページID : 107588
山形市では、先天性風しん症候群の予防のために、風しん抗体検査費用の全額助成と予防接種費用の一部助成をしています。
令和元年度の助成期間は、令和2年3月31日までとなっております。

対象者

検査日及び接種日において山形市に住民票がある方のうち、
  1. 妊娠を希望する昭和44年4月2日~平成7年4月1日生まれの女性
  2. 上記対象者1.の女性(風しん抗体価が十分である方、過去に風しんにかかった方及び予防接種を2回実施した方を除く。)の夫(婚姻関係の有無を問わない。)及び同居家族
  3. 風しんの抗体価が不十分な妊婦(妊婦健診結果判明前の方も含む。)の夫(婚姻関係の有無を問わない。)及び同居家族

※ただし、以下の方は対象となりませんのでご注意ください。
  • 妊娠中の方(妊娠している可能性がある方を含む)
  • 過去に風しん予防接種(麻しん風しん混合(MR)、MMRを含む)を2回以上受けたことがある方
  • 風しんにかかったことがある方
  • 風しんの抗体価が十分であることを確認している方
  • 今後、麻しん風しん混合(MR)予防接種1期・2期を接種する機会のあるお子さん
  • 過去に山形市の助成で風しん(麻しん風しん混合〈MR〉)予防接種を受けた方
  • 過去に風しん抗体検査を受けた方(ただし、その時に抗体価が不十分であると判定され、まだ予防接種を受けていない場合は、検査結果がわかるものを持参し申請することで、予防接種のみ助成します。)

《参考》

 風しんの抗体価が不十分と判定する際の基準
 ※検査方法によって数値が異なります。
  • HI法の場合…16倍以下
  • EIA法(デンカ生研株式会社製キット)の場合…8.0未満

助成期間

平成31年4月1日から令和2年3月31日まで
  • 令和2年3月31日までに、下記の山形市協力医療機関に予約をした上で、風しん抗体検査、予防接種を受け終えた方が助成対象となります。
  • 令和2年3月31日までに、下記の山形市協力医療機関へ予約のみをし、令和2年4月に入ってから風しん抗体検査、予防接種を受ける、という方は、助成対象となりませんので十分ご注意ください。
  • 令和2年度以降の助成については、未定です。決まり次第、ホームページや広報やまがた等にてお知らせします。

  助成回数

風しん抗体検査、予防接種いずれも一人一回

抗体検査及び接種場所

 
山形市風しん抗体検査及び予防接種協力医療機関名簿(PDFファイル)

曜日・時間の詳細については、各医療機関にお問い合わせください。

受け方

  1. 上記の協力医療機関に各自予約をします。
  2. 風しん抗体検査(血液検査)を受けます。その結果、風しんの抗体価が十分であると確認できた場合は、ここまでの助成となります。
  3. 風しん抗体検査の結果、風しん抗体価が不十分と確認された場合は、麻しん風しん混合(MR)または風しん予防接種を受けます。

無料の風しん抗体検査申請書と予防接種予診票は、協力医療機関にあります。
必要事項を記入して受けてください。

助成額

風しん抗体検査・・・無料
風しん単抗原予防接種・・・4,000円
麻しん風しん混合予防接種・・・6,000円
  • 「助成額」を超えた金額は、予防接種を受けた医療機関にお支払いください。
  • 医療機関にお支払いする自己負担額は、「医療機関の定める接種料金」から「助成額」を差し引いた額となります。
  • 「医療機関の定める接種料金」については、各医療機関にお問い合わせください。
  • 接種を受けた方が、山形市へ「助成額」の申請をする必要はありません。

接種対象者のうち、生活保護世帯の方及び中国残留邦人等支援給付を受けている世帯の方は、無料となります。
ただし、接種する前に、健康増進課窓口(霞城セントラル4階)にて事前の手続きが必要です。

<霞城セントラルにお越しになる方へ>
東口交通センター駐車場、または霞城セントラルパーキング(立体)をご利用の方へ一部補助いたします。
駐車券をご提示ください。
霞城セントラル駐輪場をご利用の方は駐輪券(水色)をお持ちください。
 

持ち物

  • 身分証(健康保険証、運転免許証、パスポートなど、生年月日、山形市民であることが確認できる書類)。
 
  • 風しん抗体検査及び予防接種をお受けになるご自身の母子健康手帳(原本又は写し)。過去の風しん予防接種【麻しん風しん混合(MR)、MMRを含む】履歴を確認させていただくため、母子健康手帳をお持ちの方は、持参してください。
 
  • 対象者(2)の方は、ご自分の身分証(原本)と事業対象となる女性の身分証(原本又は写し)。
 
  • 対象者(3)の方は、ご自分の身分証(原本)と妊婦の母子健康手帳原本(原本又は写し)。ただし、妊婦健診結果判明前の場合は、事業対象となる女性の身分証(原本又は写し) をお持ちください。


 ※助成事業利用の際に、医療機関窓口で確認を行います。

注意事項

  • 原則、風しん抗体検査と予防接種は同一医療機関で受けることとします。
  • 過去に妊婦健診等で風しん抗体検査を受け、風しんの抗体価が不十分と判定された方は、その結果表を医療機関に提示することにより、予防接種の助成対象となります。
  • 接種前には、接種医療機関でお渡しする説明書をお読みください。
  • (女性の方のみ)この予防接種を受けた後2か月間は、妊娠を避けることが必要です。
  • この予防接種により健康被害が生じた際は、医薬品医療機器総合機構法に基づく救済及び予防接種事故賠償保障保険による救済が受けられる場合があります。
 

風しんと先天性風しん症候群について

詳しくは、国立感染症研究所の風疹Q&A(リンク)をご覧ください。
また、厚生労働省の風しんについて(リンク)、政府広報オンラインの生まれてくる赤ちゃんのために防ごう!大人の風しん(リンク)もあわせてご覧ください。
 

山形市作成チラシ


このページの作成・発信部署