現在の位置
市民の皆さんへ
環境・公園緑化
環境保全
立入禁止措置の解除等について

立入禁止措置の解除等について

ページID : 104976
立入禁止措置を解除いたします。

 平成28年6月8日(水)に山形市小白川町地内馬見ヶ崎川河川敷で目撃されたクマが、16日午前8時過ぎに盃山東側山間部に設置した檻わなで捕獲され、同日、駆除しております。
 このような経緯を受け、関係各所と協議したところ、下記のとおり対応いたします。


 
〇愛宕橋から双月橋約1km間の立入禁止区域について
 新たな目撃情報もないことから、17日午後2時に立入禁止措置を解除します。
 
〇鈴川公園(双月の丘)の立入禁止区域について
 鈴川公園は捕獲場所に近く、現在も注意喚起を行っている場所と隣接していることから17日午後2時に立入禁止措置を解除し、注意喚起区域に変更します。なお、馬見ヶ崎ジャバ、芝生広場、子供広場等を含む鈴川公園全体を降雪期まで注意喚起区域として継続いたします。
 なお、注意喚起区域図は下図のとおりとなっております。

 今年度、山形市ではツキノワグマの目撃情報が多く寄せられております。
 山菜採りなどで山に入る場合は、クマ除けの鈴を身に付けたり、ラジオを携帯するなどして音を出しながら行動するなど、クマに自分の存在を知らせることが非常に重要です。山に入る際は、十分注意してください。

注意喚起区域(6月17日午後2時以降)

 

 

このページの作成・発信部署