現在の位置
市民の皆さんへ
環境・公園緑化
環境保全
市街地におけるカラスの追い払い対策について

市街地におけるカラスの追い払い対策について

ページID : 103287

 夕方になると、カラスが市街地の電線や高いビルの屋上に止まるため、フンの被害が多発しております。現在、環境課ではパトロールをして状況を確認しておりますが、カラスがどこの電線等に止まるのか行動パターンの予想がつかないため、対応に苦慮している状況です。
 追い払い対策としては最初に止まったカラスを追い払うと、その後はしばらくは寄りつかなくなるようです。(数羽が止まっていると、止まっているカラスを目標に次々と止まりだします。)
 カラスも居心地がよく安全な場所に居つきますのでカラスが集まりだしたら下記の方法で追い払いをし、この場所は危険だとカラスに認識させることにより飛来しなくなるようです。また、日没の前後の明るい時間帯に飛来した場所の追い払いをするのが効果的です。
 

カラスの追い払い対応・対策

 【電線に止まっている場合】
 ・懐中電灯などでカラスを照らす。
 ・手を叩くなどして大きな音を出す。

【高いビル等の屋上や手すりに止まっている場合】
 ・懐中電灯などでカラスを照らす。
 ・屋上から近くで手を叩くなどして大きな音を出す。
 ・カラスが止まる手すり等にテグスを張り止まれなくする。(長期的効果大)
 ・警戒心の強い鳥なので、警戒心を湧かせる物を置く。(慣れると効果がないため出したままにせず必要な時だけ設置、定期的に形状や位置などを変える工夫が必要です。)


このページの作成・発信部署