現在の位置
市民の皆さんへ
環境・公園緑化
環境保全
水質汚濁防止法の一部を改正する法律が施行されました

水質汚濁防止法の一部を改正する法律が施行されました

ページID : 103480
地下水汚染の未然防止を目的とした水質汚濁防止法の一部を改正する法律(平成23年6月22日公布)が平成24年6月1日から施行されました。

主な内容

1有害物質貯蔵指定施設などに係る届出規定の創設

有害物質貯蔵指定施設及び有害物質使用特定施設の設置者には、当該施設の構造、設備、使用の方法等についての届出が義務付けられました。
 
【有害物質貯蔵指定施設:有害物質(28物質)を貯蔵する施設】
【有害物質使用特定施設:有害物質(28物質)を製造、使用、処理する特定施設】

2構造等に関する基準遵守義務の創設

有害物質貯蔵指定施設及び有害物質使用特定施設の設置者は、有害物質による地下水の汚染を未然に防止するため、構造等に関する基準を遵守しなければならないこととされました。
都道府県知事等は、当該施設が基準を遵守していない場合、構造等の改善や施設の使用停止を命ずることができます。
*既存施設については施行後3年間は基準の適用が猶予されます。

3定期点検義務の創設

有害物質貯蔵指定施設及び有害物質使用特定施設の設置者は、定期的にその施設の構造等を点検し、その点検結果を記録・保存することが義務付けられました。
 
●詳細については環境省ホームページをご覧ください。

このページの作成・発信部署