現在の位置
市民の皆さんへ
環境・公園緑化
環境保全
ケガをした野生の鳥獣を発見したら

ケガをした野生の鳥獣を発見したら

ページID : 103294

 野生の鳥獣はある程度のケガなら自然に回復することができ、人為的に保護した場合野生に戻るのは難しくなります。むやみに手を触れたりせずにそっとしておいてください。

ヒナをみつけたら

 春になると巣立ちしたばかりのヒナがうまく飛べず、地面に落ちているのを見かけることがあります。
 ですが、近くに親鳥の姿が見えなくても必ずヒナのもとに戻って世話をします。逆に人がヒナのそばにいると、親鳥が近寄れなくなってしまいますので、拾ったりせずその場を離れてください。  

 山形県のホームページでも詳しく紹介しておりますので、そちらもあわせてご覧ください。


このページの作成・発信部署