現在の位置
市民の皆さんへ
環境・公園緑化
環境保全
ゼロカーボンシティの表明について

ゼロカーボンシティの表明について

ページID : 111347

山形市は2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロを目指します。           

  近年、酷暑や集中豪雨など、二酸化炭素等の温室
 効果ガスによる気候変動の影響が観測され始めてい
 ます。「令和2年7月豪雨」では、最上川が氾濫し、
 県内で甚大な被害が出たことは、記憶に新しいとこ
 ろです。ここ山形においても、激甚災害に指定され
 る災害が起きるという状況になっています。

  このような中、山形市は、これから先の未来を生
 きる子どもたちへ豊かな地球環境を残すとともに、
 地域から世界の脱
炭素化に貢献するとの気概を持
 ち、ゼロカーボンシティを表明しました。


 (令和2年10月19日定例市長記者会見にて表明)

今後は、「2050年 ゼロカーボンシティ」の実現に向け、SDGsの考え方を活用し、省エネや地域資源を活用した再生可能エネルギーの導入促進などを引き続き行いながら、地球温暖化対策への更なる取組を進めていきます。   
 表明文(PDF 223KB) 

                                           

ゼロカーボンシティとは

「2050年に温室効果ガス又は二酸化炭素の排出量を実質ゼロにすることを目指す旨を首長自らがまたは地方自治体として表明した地方自治体」

環境省:地方公共団体における2050年二酸化炭素排出実質ゼロ表明の状況(外部リンク)
 

令和2年10月19日 定例市長記者会見について

小泉環境大臣のメッセージ

 ゼロカーボンシティの表明について、小泉環境大臣からメッセージが届きました。

 小泉環境大臣からのメッセージ(PDF 198KB)

 


このページの作成・発信部署