現在の位置
市民の皆さんへ
環境・公園緑化
再生可能エネルギー・省エネルギー
太陽光発電アンケート調査の結果について

太陽光発電アンケート調査の結果について

ページID : 100877

太陽光発電装置設置者アンケート調査の結果

  山形市では地球温暖化防止対策として、環境にやさしい「太陽光発電装置」の普及を推進しており、平成14年度から、太陽光発電装置を新たに設置する方々に補助を行っています。また、山形市の補助金を活用して太陽光発電装置を設置した方々に対し、発電量等についてのアンケート調査を実施しています。
 このたび、平成27年度に補助を受けた方が、平成28年4月~平成29年3月までの1年間を通して使用した発電量等についてのアンケート調査結果がまとまりましたのでお知らせいたします。 
 ※掲載している数値はアンケートによる平均値です。各家庭の設置条件や気象条件により実際の数値には幅があります。
 ※これから太陽光発電装置を設置する各家庭での設置費用や発電量を保証するものではありません。

【太陽光発電装置設置費用】
 
平成27年度
補助対象者
平成26年度
補助対象者
平成25年度
補助対象者
1戸あたりの平均設置費用 2,030,000円 2,120,000円 2,010,000円
1kwあたりの平均設置費用 420,000円 430,000円 440,000円
1戸あたりの平均設置kW数 4.90kW 4.89kW 4.63kW


【上期のアンケート有効回答者数 156名】
【下期のアンケート有効回答者数   134名】

【設備能力1kW当たりの平均発電量】 (単位:kWh)
使用年月
平成28年度 平成27年度
平成26年度
4月
122 122
137
5月
133 157
136
6月
127 124
126
7月
118 127
119
8月
129 104
106
9月
84 89
117
10月
91 103
95
11月
60 56
60
12月
36 51
17
1月
21 33
27
2月
44 61
39
3月
98 108
97
年  間
1,063 1,135 1,076

【設備能力1kW当たりの平均売電量】 (単位:kWh)
使用年月
平成28年度 平成27年度
平成26年度
4月
90 86
108
5月
103 123
127
6月
101 100
111
7月
84 93
98
8月
94 74
89
9月
64 63
98
10月
65 81
78
11月
43 43
45
12月
20 27
15
1月
11 18
14
2月
21 29
23
3月
58 62
55
年  間
754 799
861


Q1.太陽光発電装置を設置した一番の動機は何ですか? 
1地球環境にやさしいエネルギーだから
22%
2電気代を節約できるから
57%
3住宅会社、電気設備会社などからすすめられたから
18%
4その他
3%
【その他の主な内容】
・非常時対応
・蓄電池とともに自家使用できる電源となるため

Q2.山形市の補助制度は、太陽光発電装置の設置を決める際にどう影響しましたか?
1補助金が交付されるので設置した
65%
2補助金が交付されなくても設置した
35%

Q3.発電装置の取り扱い方法について、設置業者から十分な説明はありましたか?
  (例:発電モニターの操作方法、停電時の自立運転への切り替え方法等)
1十分にあった
59%
2多少はあった
34%
3あまりなかった
7%
4まったくなかった
-%

Q4.発電装置の維持費について、設置業者から十分な説明はありましたか?
  (例:10年間に一度、自費で売電メーターの交換が必要になる等)
1十分にあった
48%
2多少はあった
27%
3あまりなかった
16%
4まったくなかった
9%

Q5.発電装置からの落雪対策について、設置業者から十分な説明はありましたか?
1十分にあった
44%
2多少はあった
28%
3あまりなかった
19%
4まったくなかった
9%

Q6.太陽光発電装置からの落雪のため、実際に危険な思いをしたことがありますか?
1ある
7%
2ない
93%
【ある場合の主な事例】
・落雪が一度に大量あり、車の部品が破損した。
・落雪時のスピード・衝撃が思ったより大きく、危険な思いをした。
・玄関先に落雪があったため、屋根にスノーストップを取り付けた。

Q7.発電装置を設置して一年間使用した感想はどうですか? 
1設置したことに満足している
81%
2設置したことに不満がある
19%
【満足している点】
・設置業者から聞いていた発電量にほぼ近い実績数値を得られた。
・地球環境により関心を持つようになった。(毎日の天候や地中熱利用等)
・夏の日中はエアコンが太陽光発電で運転できる。
・冬はあまり発電できないが春~夏で冬の分もカバーできていると思う。
・節電の意識が変わり省エネに心がけるようになった。
・自然エネルギーを利用しているため、家族の節電意識が以前よりも高くなった。
・家族の節約意識が高まり電気代を大幅に減らす事が出来た。
【不満がある点】
・地域柄、冬期は積雪があり、発電効率が極端に落ちる。
・想定していたよりも真夏の発電量が少ない。
・スノーストップにより落雪の心配はないが、パネルに雪が残り晴れていても発電しない。
・冬の雪の影響を考え設置角度を決めれば良かった。
・思ったより発電量、売電量が少なかった。
・コスト(初期投資)回収に年月がかかる。

Q8.発電量の実績数値について、感想はどうですか?
1予想より発電して大変満足している
18%
2まあまあ満足している
53%
3可もなく不可もなく
13%
4やや不満がある
12%
5発電量が少なく大いに不満がある
4%

Q9.発電装置を設置してから、家族の省エネ・節電に対する意識は変わりましたか?
1とても意識するようになった
29%
2少しは意識するようになった
51%
3あまり変わらない
20%

Q10.太陽光発電の他に、ご家庭で導入している省エネ設備はありますか?(複数回答)
1エコキュート
63%
2エネファーム
6%
3太陽熱温水器
1%
4蓄電池
8%
5エコジョーズ
-%
6ペレット・薪ストーブ
5%
7地中熱利用(空調・融雪等) -%
8HEMS
(ヘムス
:家庭用エネルギー管理システム)
16%
9その他 1%
【その他の主な内容】
・エコワン(ハイブリッド給湯・暖房システム)
・PHV自動車

Q11.設置業者を選んだ理由は何ですか?(既築住宅に設置した方のみ回答)
1訪問販売や電話セールス等を通じて
30%
2勤務先や知人の紹介を通じて
20%
3リフォームフェア等への参加を通じて
7%
4広告やホームページを見て
16%
5その他
27%
【その他の主な意見】
・住宅を建てた建設業者へ依頼した。
・複数業者から見積もりをとり、近隣であれば会社を見に行き決めた。
・以前から付き合いのあった電気屋に決めた。

このページの作成・発信部署