現在の位置
市民の皆さんへ
ごみ・環境・上下水道
ごみ減量とリサイクル
容器包装リサイクル法(食品トレーなどの店頭回収)について

容器包装リサイクル法(食品トレーなどの店頭回収)について

ページID : 101966
 

容器包装リサイクル法の目的

   私たちの家庭から出されるごみの約50パーセント(容積比)を占めるガラスびん、ペットボトル、紙・プラスチック製容器、食品トレーなどの容器包装廃棄物、これらを分別・リサイクルすることで多くのごみを減らすことができます。
   3つのRがごみ減量のポイントですが、容器包装リサイクル法では、これら容器包装物の減量・資源化について、市民(消費者)、事業者(スーパー等)、行政(山形市)がそれぞれの役割により、連携して進めることとしており、マイバッグ持参運動や食品トレー等の店頭回収等の取り組みもその一つです。

店頭回収を利用する際のポイント

  店頭回収は、レジ袋の削減と同様に、事業者における環境に配慮した取り組みです。どの品目も、水ですすいで、乾かして持参しましょう。ご家庭のごみは持ち込まないよう、マナーを守ってご利用ください。
  具体的な品目については、以下の手順・注意点を守ってください。

食品トレー

食品トレーにリサイクルされます。
つまようじが刺さるものであれば、金、銀、黒色などの色つきトレーでも大丈夫です。また、割れた物でも回収できます。ただし、納豆の容器、カップめんの容器は回収できません。
食品トレー出し方ポイント

透明食品トレー(容器・ふた)

  プラスチック製品や透明食品トレーにリサイクルされます。
  完全に透きとおるものがリサイクルできます。値段シールや直接印刷の部分ははがすか、切り取ってください。豆腐やプリン・ゼリーの容器は回収できません。
透明食品トレー出し方ポイント

牛乳パック・飲料用紙パック

  トイレットペーパー等にリサイクルされます。
  内側の白いものが回収できます。水ですすいで、切り開いて乾かしてください。内側がアルミ等でコーティングされているものは回収できません。
牛乳パック出し方ポイント

アルミ缶

  アルミ製品にリサイクルされます。識別マークを確認し、水ですすいで、つぶしてください。
アルミ缶出し方ポイント

ペットボトル

  プラスチック製品などにリサイクルされます。識別マークを確認し、ふたを取り、水ですすいで、つぶしてください。洗剤、シャンプー・リンス、ソース・油・ドレッシングの容器は回収できません。
ペットボトル出し方ポイント
 

店頭回収事業者・回収品目一覧

  山形市内のスーパー等では、食品トレーや牛乳パックなどの店頭回収が積極的に取り組まれています。ぜひ、ご活用ください。
 店頭回収事業者・回収品目一覧はこちらをご覧ください
マイバッグを持った減量すすむくん

このページの作成・発信部署