資源物引取事業所について

ページID : 101858

資源物引取事業所(古紙類・布類の持込み)について

 
 

「山形市における布類及び紙類の資源化促進に向けた取組みに関する協定」締結について

   山形市では、布類や紙類を含めた資源物については、地域で実施している集団資源回収等でごみの減量・資源化を推進しています。
  さらなる資源循環型の社会を目指し、行政だけでなく、市民・事業者の方々と連携して、ごみとして捨てられている布類や紙類のリサイクルを進めるため、平成20年3月11日に資源物引取事業者、市民団体、行政の三者にて「山形市における布類及び紙類の資源化促進に向けた取組みに関する協定」を締結しました。これ以降、現在も継続して取組みを進めています。
   この協定に基づき、三者がそれぞれの立場から協力し、これまでの集団資源回収や集積所における古紙類回収のほかにも、市民や事業所の方が布類・紙類を直接、資源物引取事業所に無料で搬入できるようになりました。
 

利用方法

 ⑴市民や事業所の方は、持込みしたい資源物をそれぞれの種類ごとに分別してください。
 ⑵事前に、持込みする資源物引取事業所に電話連絡をしてから持込みします。なお、持ち込んだ際は、事務所の方にお声掛けをお願いします。
 なお、受入曜日や時間については、各資源物引取事業所により異なりますので、資源物引取事業所一覧表をご覧いただき、事前にご確認ください。

資源物引取事業所一覧表はここをクリックしてください
 

リサイクルできる布類と出し方のポイント(集団資源回収に出す場合も同じです)

  衣類・下着・着物・カーテン・シーツなど木綿・化学繊維に関わらずリサイクルできます。
 ポイント:汚れた物は洗濯してから、雨などで濡れたり、汚れたりしないように、風呂敷やビニール袋に入れて出してください。また、ボタンやファスナーなどは取らずに出せます。

リサイクルできない布類

 綿入りの布団・座布団・枕・電気毛布・スキーウェア・濡れている物のほか、臭いや毛が残っているためペットに使用した布類はリサイクルできません。
 

このページの作成・発信部署