現在の位置
市民の皆さんへ
税金・保険・年金
個人市県民税
個人市県民税の納税義務者・非課税者について

個人市県民税の納税義務者・非課税者について

ページID : 100572
個人市県民税(以下、市県民税といいます。)は、市内に住所がある個人に課税される税金で、均等な額を負担する均等割と、その方の所得金額に応じて負担する所得割で構成されています。また、個人県民税については、個人市民税と合わせて山形市に納付することになります。

 

納税義務者

 次に該当する方が、納税義務者となります。
市内に住所がある方
均等割 ○
所得割 ○
市内に事務所や家屋敷などがある方で、市内に住所がない方
均等割 ○
所得割 ―
 
注意 市内に住所があるかどうか、また事務所や家屋敷などがあるかどうかは、その年の1月1日現在の状況で判断されます。
 

非課税者

 次に該当する方には、市県民税が課税されません。
 なお、市県民税の課税されない方には、納税通知書をお送りしておりません。

均等割も所得割も課税されない方

  1. 生活保護法によって生活扶助を受けている方
  2. 障がい者、未成年者、寡婦または寡夫で、前年中の合計所得金額が125万円以下の方 (給与収入のみの方の場合、年収2,044,000円未満の方)
  3. 前年中の合計所得金額が、次の額以下の方
  4. 扶養親族のない方・・・32万円
  5. 扶養親族のある方・・・32万円×(本人+扶養人数)+19万円

  注意 「1」及び「2」に該当するかどうかは、その年の1月1日現在の状況で判断されます。
 

所得割が課税されない方

  前年中の総所得金額等の合計が、次の額以下の方
  • 扶養親族のない人・・・35万円
  • 扶養親族のある人・・・35万円×(本人+扶養人数)+32万円

このページの作成・発信部署