現在の位置
市民の皆さんへ
税金・保険・年金
個人市県民税
個人市県民税の申告について

個人市県民税の申告について

ページID : 100585
市県民税は、山形市で税額を計算し、これを納税者に通知することで、課税の額を決定する仕組みになっておりますが、市が適正な課税を行うため、納税者から市県民税の申告書を提出していただくことになっています。
 この申告は、市県民税だけではなく国民健康保険税や介護保険料の算定資料となるほか、公営住宅関係や国民年金の免除申請等の手続きに必要な課税証明書などに関係する重要な手続きです。
 

申告書を提出していただく方

 1月1日(賦課期日)現在で市内に住所のある方は、毎年3月15日までに市民税・県民税申告書を提出していただくことになっています。
 また、前年中に収入がなかった方でも申告は必要です。
 
  1. 営業、農業、不動産、配当などの所得があった方
  2. 給与所得のほかに所得のあった方(給与所得以外の所得が20万円以下で、所得税の確定申告をする必要のない方も市民税・県民税の申告は必要です。)
  3. 前年中に支払った国民健康保険税など、社会保険料や生命保険料などの所得控除を受ける方
 

申告書を提出しなくてもよい方

  1. 所得税の確定申告書を税務署へ提出した方(予定も含みます。)
  2. 給与収入のみで、勤務先から山形市へ「給与支払報告書」が提出されている方
  3. 年金収入のみで、年金支給者から山形市へ「公的年金等支払報告書」が提出されている方
  4. 「1」、「2」、及び市民税・県民税申告書を提出した方の扶養親族になっており、前年中に収入がない方
 
  注意 「2」、「3」に該当する方で、各種の所得控除を受ける、または控除対象配偶者や扶養親族などに変更がある方は、市民税・県民税申告書や確定申告書の提出が必要です。
 

申告の時に必要なもの

  1. 印鑑(認印で結構です。シャチハタは不可)
  2. 所得の計算に必要な書類 前年中の収入や必要経費の支払額のわかるもの(源泉徴収票・出荷証明書・帳簿など)
  3. 各種領収書(国民健康保険税・介護保険料など)、証明書(国民年金保険料・生命保険料・地震保険料など)、障害者手帳等(障がいを証明するもの)
 医療費控除を受ける場合は、前年1月1日から12月31日までに支払った領収書を、医療を受けた個人ごとに病院・薬局別に取りまとめ、集計の上お持ちください。

このページの作成・発信部署