現在の位置
市民の皆さんへ
税金・保険・年金
個人市県民税
個人市・県民税の減免について

個人市・県民税の減免について

ページID : 100582

 次のような事情があり、納付が著しく困難であると認められる方については、納める税額が減額または免除される場合があります。減免を受けるには申請が必要です。
 なお、すでに納期限が過ぎている税額は減免対象になりません。
 

 減免事由                           

 山形市では、山形市市税条例第40条に基づき「次の各号のいずれかに該当するもののうち、市長において必要があると認めるものに対し、市民税を減免する」と定めています。
 
 1 災害を受けた者
 2 貧困により生活のため公私の扶助を受けている者
 3 その年の所得が皆無の者及びこれに準ずる者
 4 学生及び生徒
 5 前各号のほか、特別の理由がある者
※ただし個人の市民税の納付が著しく困難であると認められる者に限る
 

 減免申請の手続き                            

 減免を受けようとする方は、減免申請書に必要な書類を添付し、納期限までに市民税課(市役所2階21番窓口)へご提出ください。申請された方の生活状況などを聞き取り、審査したうえで減免に該当するかどうか判断します。
 減免申請書は市民税課にあります。
 

必要な書類

 減免を要する事由によって必要な書類が異なります。
 
事由1  り災証明書、家屋の取得価格・取得日がわかるもの、「保険金支払のご案内」
     など補てんされる金額がわかるものなど
事由2  生活保護受給証明書、支援給付受給証明書など
事由3  所得が皆無になったことがわかる客観的な資料(雇用保険受給資格者証など)
事由4  在学証明書、学生証の写、所得がなくなったことがわかる客観的な資料など
 
 
上記は一例です。申請された方の事情や生活状況によって必要な書類は異なりますので、詳しくは市民税課までお問い合わせください。

 

 問い合わせ先                              

山形市市民税課 市民税第一係~第四係(内線304~307)

 


 

このページの作成・発信部署