現在の位置
市民の皆さんへ
税金・保険・年金
納税に関すること
固定資産税の現所有申告書について

固定資産税の現所有申告書について

ページID : 111110

固定資産税の「現に所有している者(法定相続人等)」の申告が地方税法で義務化されました。


 固定資産(土地・家屋)の登記簿上の所有者が死亡し、次の賦課期日(毎年1月1日)までに相続登記が完了していない場合は、その固定資産を現に所有している方(法定相続人等)が、納税義務者となりますので、「現所有申告書」の提出が必要です。
 なお、申告期限は、自身が現所有者であることを知った日の翌日から3ヵ月を経過した日までとなります。(令和2年10月1日以降適用)
 また、正当な事由なく申告を行わなかった場合は、固定資産税における他の申告と同様の罰則(10万円以下の過料)も設けられました。(市税条例第65条)
 申告書については、下記「固定資産税現所有申告書」に現所有者の代表者から記入押印いただき、山形市役所資産税課管理係まで持参もしくはご郵送ください。
 

申告書のダウンロード

 「固定資産税現所有申告書

  ※申請書をダウンロードできない方は、ご連絡をいただければ郵送いたします。
   また、資産税課窓口にもご用意しております。
 

このページの作成・発信部署