死亡一時金

ページID : 101490

死亡一時金について

 
死亡一時金は、第1号被保険者として保険料を3年以上納めた人が、何の年金も受けずに亡くなった場合、生計を同じくしていた遺族に支給されます。

概要

死亡一時金を受けるための条件

第1号被保険者として、保険料を3年以上納めた人が、何の年金も受けずに亡くなった場合。
 

請求できる人

亡くなった方と生計を同じくしていた遺族のうちの1人。請求者には優先順位があり、(1)配偶者(2)子、(3)父母、(4)孫、(5)祖父母、(6)兄弟姉妹の順で、より上位の方が請求することになります。ただし、その遺族が遺族基礎年金を受けられる場合は支給されません。
 

支給額

          
保険料納付期間
一時金の額








36月以上180月未満





120,000円
180月以上240月未満
145,000円
240月以上300月未満
170,000円
300月以上360月未満    
220,000円
360月以上420月未満  
270,000円
 420月以上           
320,000円
      

請求手続き

亡くなってから2年の間に請求しなければ、時効により受けられなくなります。忘れずに請求してください。
 

手続き先

手続き先は市役所市民課 国民年金係です。
 

死亡一時金請求 添付書類一覧

亡くなられた方の…
  1. 戸籍(除籍)全部事項証明書(除籍謄本)
  2. 除かれた住民票(除票)
 
請求される方の…
  1. 戸籍全部事項証明書
  2. 世帯全員の住民票
  3. 請求者名義の預金通帳
  4. 印鑑
  5. 生計同一証明(死亡者と請求者の住所が異なる場合に必要です。)
 

 

このページの作成・発信部署