高齢任意加入

ページID : 101504

高齢任意加入について

 
高齢任意加入は、*年金を受けるための期間(受給資格期間25年)が足りない方や、受給額をもっと増やしたい方が、60歳以降も国民年金保険料を納付できる制度です。
 

概要

加入できる方

(1)*受給資格期間(25年)を満たしていない方
(2)受給資格期間を満たしてはいるが、満額となる40年を満たしていない方
 
→国内に住所を有する60歳から65歳までの期間、もしくは満額になるまで国民年金保険料を納付することができます。
 
*平成29年8月1日からは、受給資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになります。
※昭和40年4月1日以前に生まれた方については、さらに65歳から70歳までの間で、受給資格期間を満たすまで、特例で任意加入することができます。
※すでに老齢基礎年金を受給している方は任意加入できません。
※厚生年金に加入している方は任意加入できません。
 

納めていただく保険料

国民年金第1号被保険者の方と同額です。原則として、口座振替で納付します。
 
平成29年度の保険料は月額16,490円です。
 

手続き

手続き先

市役所市民課国民年金係でお手続きください。
 
※任意加入は、手続きをした日からの加入となります。過去に遡って加入することはできません。
※加入手続きは、最も早くて60歳の誕生日の前日からとなります。
 

必要書類一覧

加入される方の…
  1. 年金手帳
  2. 口座振替用の預金通帳
  3. 口座の届出印かん
※共済年金加入期間がある方は、加入期間を証明するものが必要になる場合もあります。
 

このページの作成・発信部署