遺族基礎年金

ページID : 101680

遺族基礎年金について

 
遺族基礎年金は、配偶者に先立たれたとき、一定の条件を満たす場合に、受けることができます。

概要

年金を受けるための2つの条件

条件1.死亡した人が、下記の(1)~(4)いずれかに該当していること
(1)国民年金の被保険者
(2)国民年金の被保険者であった日本国内に住所がある60歳以上65歳未満の人
(3)老齢基礎年金の受給権がある人
(4)老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人
 
※(1)又は(2)に該当する人が死亡した場合は、死亡日の月の前々月までに、保険料を納めた期間と免除・納付猶予を合算した期間が、加入期間の3分の2以上あること。(ただし、死亡日が平成28年3月31日までにある時は、死亡日の月の前々月までの直近1年間に保険料の滞納がなければ良いことになっています。)
 
 
条件2.死亡した人によって生計を維持されていた、次のアもしくはイの人

ア.18歳に達する日の属する年度末までの間の子ども(障がい者は20歳未満)がいる配偶者。
イ.18歳に達する日の属する年度末までの間の子ども(障がい者は20歳未満)。ただし、配偶者が遺族基礎年金を受給している間は、子は支給停止になります。
※年収850万円以上の収入を将来にわたって有しないこと

≪注意≫
遺族基礎年金は、子のない配偶者は受けられません。
 

年金額

ア.子のいる配偶者が受ける場合(年額) (平成29年4月現在)
 
子どもの人数
基本額
子の加算額
合計
子が1人いるとき
779,300円
224,300円
1,003,600円
子が2人いるとき
779,300円
448,600円
1,227,900円
子が3人いるとき
779,300円
449,000円+74,800円
1,302,700円
※子が4人以上いる場合は、子が3人の場合の額に子1人につき年額74,800円を加算
 

イ.子が受ける場合(年額) (平成29年4月現在)
 
子どもの人数
基本額
子の加算額
合計
1人のとき
779,300円
0円
779,300円
2人のとき
779,300円
224,300円
1,003,600円
3人のとき
779,300円
224,300円+74,800円
1,078,400円

※4人以上のときは、3人のときの額に1人につき74,800円を加算
※子に支給する遺族基礎年金の1人あたりの支給額は、上記合計額を年金を受ける子の数で割った額になります。
 

請求手続き

年金は、受給資格があっても本人が請求しなければ受けられません。忘れずに請求してください。

手続き先

手続き先は、市役所市民課 国民年金係です。
 
※お亡くなりになった方が厚生年金に加入したことがある場合は、日本年金機構 山形年金事務所にお問い合わせください。
※お亡くなりになった方が共済年金に加入したことがある場合は、加入していた共済組合にお問い合わせください。
 

遺族基礎年金請求 添付書類一覧

亡くなられた方の…
  1. 除かれた住民票(除票)
  2. 死亡診断書
  3. 年金手帳
  4. 年金(恩給)証書の写し(死亡者が他の公的年金を受給していた場合に必要)
 
請求者となる方の…
  1. 戸籍全部事項証明書
  2. 世帯全員の住民票(謄本)
  3. 年金手帳(請求者分。子が請求者の場合は不要)
  4. 請求者名義の預金通帳(妻と子全員のものが必要)
  5. 請求者の印鑑(妻と子全員のものが必要)
  6. 学生証の写し(子が高校生の場合に必要)
  7. 診断書(障がいのある20歳到達年度末日までの子がいる場合に必要)
  8. 生計維持申立書(死亡者と請求者が別住所の場合に必要)
  9. 年金(恩給)証書の写し(請求者が他の公的年金を受給している場合に必要)
  10. 受給選択申出書(請求者が他の公的年金を受給している場合に必要)

このページの作成・発信部署