現在の位置
市民の皆さんへ
税金・保険・年金
固定資産税
固定資産税路線価について

固定資産税路線価について

ページID : 100562
最終更新日 : 2011年1月10日
 
 固定資産税路線価とは宅地等の評価額を決定するため道路に付けられた価格です。固定資産土地評価の適正化を図り、土地評価額計算をご理解いただくことを目的に、どなたでもご覧になれるよう公開しております。
 

固定資産税路線価とは?

 固定資産税路線価は、地価公示価格や地価調査価格、不動産鑑定評価を基に、道路に付けられた価格のことであり、1平方メートル当たりの価格で表示されています。固定資産税路線価は地価公示価格等の7割程度を目安に算定されています。
 宅地等の評価額は、接する固定資産税路線価を基に、それぞれの宅地の状況(奥行、間口、形状)に応じて求められます。
 

固定資産税路線価と相続税路線価

 路線価には固定資産税路線価と相続税路線価の2種類があります。固定資産税路線価は各市町村が固定資産税評価のため、算定していますが、相続税路線価は相続税等算出のため、各国税局(税務署)が算定しています。相続税路線価は地価公示価格等の8割程度を目安に算定されています。
 

固定資産税路線価の公開

 固定資産税路線価は山形市役所2階24番窓口にて公開しており、どなたでもご覧いただくことが可能です。また、当ホームページ上の山形市地図情報(固定資産税路線価)や一般財団法人資産評価システム研究センターにより運営されている全国地価マップ上でも公開されています。

このページの作成・発信部署