現在の位置
市民の皆さんへ
税金・保険・年金
固定資産税
固定資産税・都市計画税について

固定資産税・都市計画税について

ページID : 100522
固定資産税は土地・家屋・償却資産に対して課税される市税です。また、都市計画税は市街化区域内の固定資産税が課税されている土地・家屋について課税されます。

課税対象

土地

地目
田・畑・宅地・山林・原野・雑種地など
納税義務者
登記簿もしくは土地補充課税台帳に登記または登録されている人

家屋

種類
住宅・店舗・事務所・工場・倉庫など
納税義務者
登記簿もしくは家屋補充課税台帳に登記または登録されている人

償却資産

種類
工場や商店等を経営している方で、その事業用に供することができる機械・器具・備品など
納税義務者
償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

賦課期日

納税義務者や課税対象の現況等は毎年1月1日現在で登録されます。仮に、1月2日以降に売買・相続等により所有権の移転が行われても、納税義務者は変更されません。

税額の算出方法

固定資産評価基準に基づき、固定資産を評価し、市長がその価格を決定し、この価格を基に課税標準額を算定します。課税標準額×税率=税額となります。
 
区分
税率
固定資産税
1.4%
都市計画税
0.3%

免税点

同一人が所有する固定資産の課税標準額の合計額が、それぞれ次の金額に満たない場合には、固定資産税は課税されません。
 
土地
30万円
家屋
20万円
償却資産
150万円

納期

4月、7月、12月、2月の4回に分けて、納税通知書及び口座振替により納めていただきます。詳しい納期限については市税等納期一覧表をご覧ください。

このページの作成・発信部署