現在の位置
市民の皆さんへ
税金・保険・年金
後期高齢者医療
後期高齢者医療制度 障がい認定について

後期高齢者医療制度 障がい認定について

ページID : 101475

障がい認定とは

後期高齢者医療制度は、原則75歳以上の方が加入する制度です。ただし、65歳から74歳までの方で「一定の障がい(※1)」のある方も加入することができます。
後期高齢者医療制度に加入すると、現在加入している国民健康保険等と比べて、保険料及び医療費の窓口負担が軽減される場合がありますので、ご相談ください。

(※1)「一定の障がい」とは

以下の基準のいずれかに該当する場合、後期高齢者医療制度に加入することができます。
・国民年金法等障がい年金 1、2級
・精神障がい者保健福祉手帳 1、2級
・療育手帳 A(重度)
・身体障がい者手帳 1~3級、4級の一部
「4級の一部」に該当する障がいは以下のとおりです。
(1)音声、言語機能の著しい障がい、(2)両下肢のすべての指を欠く、(3)一下肢の下腿2分の1以上を欠く、(4)一下肢の機能の著しい障がい

申請について

受付窓口

(1)受付窓口:市役所1階9番高齢者医療窓口
(2)受付時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで(祝祭日を除く)

持参するもの

・障がいの程度がわかるもの(障がい年金証書、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、身体障がい者手帳のいずれか)
・現在お使いの被保険者証
・障がい認定を受けようとする方の印鑑

以下のものについては、交付を受けている方のみ持参してください。

・限度額適用・標準負担額減額認定証
・特定疾病療養受療証
・重度心身障がい児(者)医療証

このページの作成・発信部署