現在の位置
市民の皆さんへ
税金・保険・年金
国民健康保険
特定の病気で長期治療を要するとき

特定の病気で長期治療を要するとき

ページID : 101028
人工透析が必要な慢性腎不全などの、厚生労働省指定の特定の病気で高額な治療を長期間継続して行う必要がある方は、申請により交付される「特定疾病療養受療証」を病院などの窓口に提出することにより、毎月の自己負担額は10,000円までとなります。
ただし、70歳未満の人工透析の治療を受ける方のうち、上位所得者(※)の自己負担額は20,000円になります。
※上位所得者とは、保険税の基礎控除後の総所得金額などが600万円を超える世帯および所得の申告がない世帯の方です。

対象者

次のいずれかに該当する方
  1. 人工透析を行う必要のある慢性腎不全
  2. 血友病
  3. 抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(厚生労働大臣の定める者に係るものに限る)

申請について

受付窓口

  1. 受付窓口:市役所1階7番国保医療窓口
  2. 受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで

申請に必要なもの

  1. 受療証が必要な方の保険証
  2. 受療証が必要な方のマイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード
  3. 当該疾病を証明する医師の証明書等

このページの作成・発信部署