現在の位置
市民の皆さんへ
税金・保険・年金
国民健康保険
ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

ページID : 101024
ジェネリック医薬品とは、先に開発された新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に製造される薬のことで、後発医薬品とも呼ばれています。
効き目や安全性が新薬と同等と認められた医薬品で、開発コストが抑えられるため、価格が新薬より3~7割程度安いのがジェネリック医薬品です。
 

Q.ジェネリック医薬品にしたらどのくらい安くなるの?

A.同じ有効成分のジェネリック医薬品を複数のメーカーで製造しているので、メーカーごとに値段も違います。
  薬価 3割負担の場合 差し引き
脂質異常症 新薬 112.2円 12,045円 3,285円お得
ジェネリック医薬品(高いタイプ) 75.4円 8,760円
高血圧症 新薬 155.1円 17,520円 13,140円お得
ジェネリック医薬品(高いタイプ) 45.0円 4,380円







【一般的な例】※1日1錠365日服用したと仮定
「日本ジェネリック医薬品学会発行リーフレットより」
 

Q.ジェネリック医薬品は安全でしょうか?

A.新薬と同じ有効成分を使って製造されており、審査機関で新薬と同レベルの品質・有効性・安全性が確認された医薬品がジェネリック医薬品です。
 

Q.どうやってジェネリック医薬品を頼めばいいの?

A.ジェネリック医薬品も、医師による処方せんが必要です。
お薬の種類、処方等については、まずはかかりつけの医師や、薬局の薬剤師にご相談ください。

使ってみよう!「ジェネリック医薬品希望カード」

「ジェネリック医薬品希望カード」を使ってみましょう。
ご希望の方は市役所国民健康保険課(1階7番窓口)でお受け取りください。

お薬手帳の活用を!

お薬手帳とは、処方されたお薬の名前や飲む量、回数などの記録(薬歴)を残すための手帳です。
  • どのようなお薬をどのくらいの期間使っているのか
  • 同じお薬が重なっていないか
  • 飲み合わせのチェック等
医師や薬剤師でも確認ができます。お薬手帳は、院外処方せんで調剤をする薬局でもらえます。

ジェネリック医薬品の普及によって、みなさんの薬局での窓口負担が節約できるだけでなく、年々増加傾向にある医療費財源の軽減につながっていくといえます。

このページの作成・発信部署