現在の位置
市民の皆さんへ
税金・保険・年金
国民健康保険
医療費通知について

医療費通知について

ページID : 100935
「医療費のお知らせ」は、診療を受けられた医療費の総額をお知らせすることにより、一人ひとりが自分の健康管理を行い、適正な保険診療を受けていただくための目安として送っているものです。

掲載内容

  1. 受診年月
  2. 受診医療機関名
  3. 受診区分(医科・歯科・調剤・訪問・柔道整復の5つの区分)
  4. 医療費総額
  5. 一部負担額
送付を希望されない方については、国民健康保険課国保医療係までご連絡ください。

医療費を節約するためのポイント

ポイント1健康診断を受けましょう

健康診断を受け、病気の予防と早期治療を心がけましょう。
 

ポイント2「かかりつけ医」をもちましょう

かかりつけの医師を持ち、気になることがあったらまずはかかりつけの医師に相談しましょう。
 

ポイント3重複受診は避けましょう

同じ病気で複数の医療機関を受診することは控えましょう。
 

ポイント4薬はじょうずにのみましょう

薬が余っているときは、医師や薬剤師に相談し、薬のもらいすぎに注意しましょう。
また、「お薬手帳」の活用などにより、既に処方されている薬を医師や薬剤師に伝え、飲み合わせには注意しましょう。
 

ポイント5後発医薬品を活用しましょう

後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と同等の効能を持つ医薬品であり、費用が先発医薬品よりも安くすみます。後発医薬品の利用について、医師や薬剤師に相談してみましょう。

医療費はみなさんからいただいた保険料から支払われていますので、医療費が増え続けると保険料の値上げなどみなさんの負担が増えることにもつながってしまいます。適正受診で医療費財源の軽減にご協力をお願いします。

このページの作成・発信部署