入院時の食事代等

ページID : 101018
市民税非課税世帯、低所得者1・2の方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関の窓口へ提出することにより、入院時の食事代等が軽減されます。

区分ごとの食事代等

表1:通常の負担額

区分 食費(1食あたり)
一般(下記以外の方)  460円(注)
市民税非課税世帯
低所得者2
90日までの入院 210円
90日を超える入院
(過去12ヵ月の入院日数)
申請により
160円
低所得者1 100円

(注)指定難病や小児慢性特定疾病の患者の方などは260円になります。
(平成30年4月1日からの金額です。)


表2:療養病床に入院する65歳以上の方の負担額

区分 食費(1食あたり) 居住費(1日あたり)(注1)
一般(下記以外の方)     460円(注2) 370円
市民税非課税世帯
低所得者2
210円 370円
低所得者1     130円(注3) 370円
境界層該当者 100円 0円
(注1) 指定難病の方は0円になります。
(注2) 一部医療機関では、420円の場合があります。
(注3) 指定難病の方などは100円になります。
(平成30年4月1日からの金額です。)

申請について

受付窓口

  1. 受付窓口:市役所1階7番国保医療窓口
  2. 受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで

申請に必要なもの

  1. 入院される方の保険証
  2. 入院される方のマイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード
  3. 入院日数が90日を超える方は、入院日数のわかるもの(領収書や請求書または入院期間証明書等)

申請書

国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定申請書(PDF形式)

このページの作成・発信部署