現在の位置
市民の皆さんへ
税金・保険・年金
国民健康保険
被保険者証について

被保険者証について

ページID : 105916

被保険者証について

国民健康保険の保険証は、正しくは「国民健康保険被保険者証」といいます。国民健康保険に加入していることを証明するものです。大切に保管してください。

注意事項

・保険医療機関等で診療等を受けるときは、必ず被保険者証を提示してください。なお、高齢受給者証をお持ちの方は、高齢受給者証と被保険者証を一緒に提示してください。
・加入する健康保険が変わったとき、他の市町村に転出するとき、被保険者証の記載事項に変更があったときは届け出が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。
・就職や退職により加入している健康保険が変わった場合、以前の被保険者証は使用できません。資格の切れた被保険者証で医療機関を受診すると、保険者で負担した医療費を返納していただくことになります。


被保険者証の更新について

山形市国民健康保険の被保険者証は、従来、毎年9月1日が更新日となっておりましたが、被保険者証の運用について見直しを図ったことにより被保険者証の更新日が毎年8月1日となります。
そのため、今回の更新から被保険者証の有効期限は7月31日となります。平成29年度については、8月下旬に国民健康保険加入者全員分の新しい被保険者証を世帯主あてに郵送します。

有効期限の切れた被保険者証の取扱いについて

有効期限の切れた被保険者証は9月1日以降に各自の責任において破棄処分してくださるようお願いいたします。
その際は、誤った使用等を防ぐために、必ずはさみで切るなどの方法をとってください。

被保険者証の有効期限について

上記に記載のとおり、通常、被保険者証の有効期限は7月31日となりますが、次の項目に該当する方は有効期限が異なる場合があります。

退職者医療制度に該当しており、65歳の誕生日を迎える方、およびその被扶養者

退職者医療制度に該当している方で、次回の更新までに65歳となる方の被保険者証の有効期限は、誕生月の末日(1日生まれの方は前月の末日)となります。翌月(1日生まれの方は当月)からは一般被保険者証に切り替わるため、有効期限の満了前までに新しい被保険者証を郵送いたします。また、退職本人に該当している方が65歳となる場合には、その方の退職扶養に該当している方も同様となります。

後期高齢者医療制度に該当する方

次回の更新までに75歳になる方の被保険者証の有効期限は、誕生日の前日となっています。75歳(一定の障がいがあり、後期高齢者医療広域連合の認定を受けた方の場合は65歳以上)以降は、後期高齢者医療制度の被保険者となるため、後期高齢者医療広域連合から新たに被保険者証が交付されます。
※後期高齢者医療制度については、高齢者医療係(内線353、359)へお問い合わせください。

修学中の特例を受けている方

修学中の特例を受けている方で、次回の更新までに修学終了予定日を迎える方の被保険者証の有効期限は、その修学終了予定年月日となります。(修学を終了した場合又は、進学等による修学中の特例の延長をする場合は、必ず届出をしてください。)

修学を終了した場合の届け出に必要なもの

・国民健康保険の被保険者証
・世帯主の認め印
・世帯主と学生のマイナンバーカード(個人番号カード)又は通知カード

延長の届け出に必要なもの

・国民健康保険の被保険者証
・在学証明書もしくは学生証(写し可)※学生証は有効期限の切れていないもの
・世帯主の認め印
・世帯主と学生のマイナンバーカード(個人番号カード)又は通知カード

被保険者証の記載事項について

被保険者証裏面への記載について

被保険者証裏面に臓器提供の意思表示欄があります。臓器を提供するかどうかは自分の意思で決められます。臓器を提供したいと思う方は、日本臓器移植ネットワークに登録するか、被保険者証等の意思表示欄や「意思表示カード」などに自分の意思を書いておく必要があります。
目隠しシールは市役所1階7番国保加入・離脱窓口にて配布しています。

被保険者証の性別表記について

「性同一性障がい」などのやむを得ない理由によって、被保険者証の表面に戸籍上の性別の記載を希望しない方に対して、裏面の備考欄に戸籍上の性別を記載した被保険者証を交付いたします。希望される方は市役所1階7番国保加入・離脱窓口にご相談ください。
なお、表面の性別欄は「裏面記載」とし、裏面の備考欄に「戸籍上の性別は男(または女)」と記載します。
※手書きでの対応となるため、印刷と同等の仕上がりにならないことがありますので、あらかじめご了承ください。

このページの作成・発信部署