現在の位置
市民の皆さんへ
食生活
地産地消
あけびの詰め物

あけびの詰め物

ページID : 103628
あけびの詰め物
  • あけびの詰め物

    作り方

    1. あけびは中身を取り除き洗っておく。
    2. 舞茸は小房に分け、長ねぎは小口切りにする。
    3. かんぴょうはさっと洗って塩でもみ、水洗いし、茹でる。
    4. フライパンでひき肉を炒め(2)を加えて炒め、みそ、砂糖、酒を入れ味をととのえ火を止める。
    5. (1)のあけびの皮の内側に薄く小麦粉をつけて、(4)を詰め、かんぴょうで結ぶ。
    6. フライパンに油を熱して(5)を入れ、ふたをして中火で5分位両面を焼く。










     

材料(4人分)

 
あけび 160g(小4個)
豚ひき肉 80g
舞茸 100g
長ねぎ 40g
みそ 大さじ2
大さじ1
砂糖 大さじ1・1/2
大さじ2
小麦粉 小さじ1
かんぴょう 1m

一人分の栄養価

 
エネルギー 163kcal
たんぱく質 6.2g
脂質 9.8g
塩分 1.2g

いわれ

あけびは、熟すと実が割れることから「開け実」が名前の由来と言われている。皮を料理するのは、山形独特の食べ方のようである。

アドバイス

あけびの皮のほろ苦さが秋の味覚として珍重される。 天ぷらや、茹でてぬた和えにしても美味しい。

このページの作成・発信部署