現在の位置
市民の皆さんへ
食生活
地産地消
山菜の天ぷら

山菜の天ぷら

ページID : 103518
山菜の天ぷら
  • 山菜の天ぷら

    作り方

    1. 卵はよくほぐし、冷水を加えてかき混ぜる。
    2. 薄力粉はふるい、4本から5本の菜ばしを使い、粉をたたくようにして(1)に混ぜる。
    3. 鍋に油を熱し、180℃位になったら、山菜に(2)の衣をつけて揚げる。衣がカラリとしたら取り出し、油を切る。
    4. 抹茶と塩を混ぜ、抹茶塩を作り、(3)につけて食べる。








     

材料(4人分)

 
たらの芽 120g
こしあぶら 40g
ふきのとう 40g
笹竹 60g
こごみ 60g
薄力粉 110g
50g
冷水 150ml
揚げ油 適量
抹茶 小さじ1/6
小さじ1/2

一人分の栄養価

 
エネルギー 291kcal
たんぱく質 6.7g
脂質 17.9g
塩分 0.8g

一口メモ

たらの芽は、特有の香りと油っこさがある山菜として珍しい。 山菜独特のほろ苦さを生かした食べ方として天ぷらが代表的である。 その他にはおひたしやごま和えが合う。
 

アドバイス

揚げたての天ぷらは、大根おろしと天つゆで食べるほか、抹茶塩が格別な香りの引き立て役になる。

このページの作成・発信部署