いも煮

ページID : 103625
いも煮
  • いも煮

    作り方

    1. 里芋は、大きいものは二つに切り、ぬめりを取るために塩でもんで洗う。
    2. こんにゃくは、手でちぎって下茹でする。
    3. 牛肉は5cm位に切り、ねぎは斜め切りにする。
    4. 鍋に里芋と分量の水を入れて火にかける。煮立ったら、こんにゃくと調味料の2/3量を入れる。
    5. 里芋がやわらかくなってきたら、牛肉を入れてあくを取りながらさらに煮る。
    6. 最後に残りの調味料とねぎを入れて味をととのえる。










     

材料(4人分)

 
里芋 650g
平こんにゃく 120g
牛肉(薄切り) 280g
ねぎ 120g
しょうゆ 大さじ4
砂糖 大さじ1・1/2
大さじ3
800ml

一人分の栄養価

 
エネルギー 323kcal
たんぱく質 16.8g
脂肪 14.0g
塩分 2.7g

一口メモ

いも煮は、山形の秋を代表する味覚。 9月から10月にかけて、山形市の馬見ヶ崎河原では、仲間同士で鍋を囲む光景が見られる。9月には「日本一の芋煮会」が開催される。

アドバイス

里芋は、煮立ってくると泡立つので、こまめにあくを取るのがポイント。
牛肉を先にしょうゆと砂糖で味付けして、取り出し、その汁で里芋を煮て、後から牛肉を戻しても美味しい。

このページの作成・発信部署