梅干

ページID : 103701
梅干
  • 梅干

    作り方

    赤じそ漬の作り方

    1. 赤じそは、葉をつみ取り3回ほど水を替え汚れを十分に落とし、ざるにあげて水気を切る。Aの塩をふり、しんなりしたら水気を絞りあくをとる。
    2. すり下ろした青梅とBの塩をしその葉にまぶし、赤い汁が出るまでよくもむ。
    3. (2)の赤じそを、消毒した容器に汁ごと入れ、重石をのせておく。

    梅漬の作り方

    1. 黄色に熟した梅を流水で優しく洗い、ざるにとって水気を切り、清潔な布巾でふく。竹串でヘタを取りのぞく。
    2. 消毒した容器にCの塩、梅、赤じそ漬を交互に入れ、重石をのせて漬ける。
    3. 盆ざるに梅とよく絞った赤じそ漬を広げ、夏の土用の晴天に3日間天日で干す。
    4. (3)を(2)の容器に戻し、カビが生えないように焼酎をふりかけて味がなじむまで漬ける。










     

材料

 
  A・赤じそ 2束
・塩 少量
  B・青梅 6個
・塩 大さじ3
  C・梅 2kg
・あら塩 200g
焼酎 50ml程度
 

一個分の栄養価

 
エネルギー 4kcal
たんぱく質 0.1g
脂質 0g
塩分 1.2g
 

いわれ

梅干を食べるのは、災難よけのためといわれ、出掛ける前には必ず食べていたもの。 「おかゆに梅干」は、梅の酸味で消化液の分泌を促し、食欲増進になる。
 

アドバイス

容器は、熱湯をくぐし、焼酎を少々ふりかけて消毒する。 減塩にした作り方は、カビが生えやすいので、冷暗所で保存する。 赤じそ漬の汁気を絞り、2日から3日天日で干し、細かくすると『ゆかり』になる。

このページの作成・発信部署