現在の位置
市民の皆さんへ
食生活
地産地消
里芋もち

里芋もち

ページID : 103629
里芋もち
  • p_autumn04.jpg

    作り方

    1. 米は炊く1時間前に洗って、分量の水につけておく。
    2. 里芋は、洗って皮をむき1cm以下の薄切りにする。
    3. (1)に(2)を入れ、普通に炊く。
    4. 炊き上がったら、すりこぎでぼた餅程度につく。
    5. (4)を12等分にして丸め、納豆、あんこ、きな粉をまぶす。










     

材料(4人分)

 
うるち米 2合
390ml
里芋(悪戸芋) 200g
  納豆 60g
・しょうゆ 小さじ2
  小豆 60g
・砂糖 60g
・塩 少量
  きな粉 30g
・砂糖 15g
・塩 少量

一人分の栄養価(3個分)

 
エネルギー 484kcal
たんぱく質 13.7g
脂肪 4.3g
塩分 0.5g

いわれ

『悪戸(あくと)芋』は、山形市村木沢悪戸地区で古くから栽培されてきた里芋である。 大きさは小ぶりで食味がよく、粘りがあり、長期保存してもやわらかいのが特徴である。

アドバイス

うるち米と里芋を合わせることで、もち米のような粘りが出る。
つき方で食感が変わるので、好みのかたさに仕上げるとよい。

このページの作成・発信部署