現在の位置
市民の皆さんへ
食生活
地産地消
紅花寿司

紅花寿司

ページID : 103590
紅花寿司
  • p_summer20_s.jpg

    作り方

    1. 米を洗って、分量の水と昆布を入れ一時間つけておく。炊飯器から昆布を取り出し、酒を入れて普通に炊く。
    2. Aの調味料で合わせ酢を作る。
    3. 紅花は、85℃のお湯で3分煮て、キッチンペーパーでこし、水洗いしてかたく絞り、Bの調味料を振りかけておく。
    4. ご飯が炊き上ったら、(2)の合わせ酢をかけ、ご飯を切るように混ぜてすし飯を作る。
    5. みつばは、2cmに切る。くるみは、刻む。
    6. すし飯に、(3)、(5)を加えて、さっと混ぜ合わせる。










     

材料(4人分)

 
2合
370ml
大さじ1
昆布 5cm
A 50ml
・砂糖 大さじ3
・塩 小さじ1
B ・紅花 大さじ2
・酢 小さじ1/3
・酒 小さじ1/3
・塩 少量
くるみ 20g
みつば 20g

一人分の栄養価

 
エネルギー 336kcal
たんぱく質 5.4g
脂質 4.1g
塩分 2.0g

いわれ

紅花の産地、山形市高瀬地区などで食べられている。 紅花生産者の発案と言われ、花を観賞するだけでなく、鮮やかな紅色を料理に取り入れた一品である。
 

アドバイス

紅花はそのまま入れると色が濃いので、お湯で煮出してから使うとよい。

このページの作成・発信部署