おみ漬

ページID : 103692
おみ漬け
  • おみ漬け

    作り方

    1. 青菜、大根葉、細めの大根は4日から5日干しておく。(青菜は青菜漬を作る頃に出る葉先を利用するとよい。)
    2. 干した青菜と大根葉を細かく刻み、塩25gを振ってよくもんで一晩おき、かたく絞って漬け汁を捨てる。
    3. 干した大根は、うすく乱切りにする。人参は3cmから4cm長さのせん切りにする。
    4. (2)と(3)、塩15g、しょうゆ、みりん、砂糖を混ぜ、重石をかけて10日間位おく。










     

材料

 
  青菜(生) 2.2kg
干し大根葉 400g
25g
干し大根 500g
人参 100g
15g
しょうゆ 100ml
みりん 50ml
砂糖 大さじ1

一人分の栄養価(30g分)

 
エネルギー 8kcal
たんぱく質 0.4g
脂肪 0g
塩分 0.6g

いわれ

おみ漬は、江戸時代に近江商人が青菜、大根葉、かぶの葉を細かく刻んで、合わせて塩漬けにしたのが始まりとされる。 近江漬(おうみづけ)がなまっておみ漬となった。 カラ芋を入れると歯ごたえがあっておいしい。

一口メモ

山形の風物詩といえば、青菜を干して塩漬けにした青菜漬。 美しい緑色と、独特の辛味、香り豊かな味わいが、冬の保存食として各家庭で受け継がれている。

このページの作成・発信部署