現在の位置
市民の皆さんへ
食生活
地産地消
昆布巻き鰊

昆布巻き鰊

ページID : 103584
昆布巻き鰊
  • 昆布巻き鰊

    作り方

    1. 身欠き鰊は、米のとぎ汁に一晩つけて戻す。
    2. 昆布は、ぬれ布巾で表面の砂や汚れをふき取り、5分から6分水につける。つけ汁はとっておく。
    3. かんぴょうは、ぬるま湯で洗い塩もみし、水洗いする。
    4. 身欠き鰊を芯にして昆布をクルクルと巻き、かんぴょうで2回巻き、結ぶ。
    5. 大きめの鍋に昆布巻きを並べ、昆布をつけた水800mlから1,000ml、酒、酢を入れ落としぶたをし、中火で煮る。
    6. 煮立ったら弱火にし1時間位煮、昆布がやわらかくなったら、砂糖、しょうゆ、みりんを2回に分けて加え、20分位煮て火を止め、冷めるまで煮汁につけておく。










     

材料(4人分)

 
昆布 100g
身欠き鰊(乾) 180g
かんぴょう 10g
60ml
小さじ2
砂糖 大さじ3
しょうゆ 大さじ4
みりん 大さじ4

一人分の栄養価(一本分)

 
エネルギー 168kcal
たんぱく質 8.8g
脂質 5.3g
塩分 3.1g

いわれ

昆布巻き鰊は「よろこぶ」と言うことで、正月やお盆はもちろん、祝い事があると必ず食べられた。
 

アドバイス

昆布は、水洗いをしないで汚れをふき取る程度でよい。
弱火にしてじっくり煮ると味がよくしみ、保存がきく。
身欠き鰊の代わりに、鮭、鮎などを巻いてもよい。

このページの作成・発信部署