現在の位置
市民の皆さんへ
食生活
地産地消
三日とろろ

三日とろろ

ページID : 103741
三日とろろ
  • 三日とろろ

    作り方

    1. Aの調味料を合わせ、ひと煮立ちさせ冷ましておく。
    2. 長芋は、皮をむき、酢水に5分から6分つけてからすりおろす。
    3. (2)に(1)を入れ、なめらかになるまですり鉢でする。
    4. 器にごはんを盛り、とろろをかけて、うずらの卵をのせ、のりをちらす。










     

材料(4人分)

 
長芋 400g
うずらの卵 4個
のり 適量
  A・だし汁 小さじ2
・しょうゆ 大さじ1
・みりん 大さじ1
ごはん 600g

一人分の栄養価

 
エネルギー 351kcal
たんぱく質 8.0g
脂質 2.1g
塩分 0.7g

いわれ

『三日とろろ』とは、正月3日にとろろを食べて風邪をひかないようにという願いが込められている。 また、地域によっては玄関先などにとろろを塗って災難よけを願ったといわれる。
 

アドバイス

長芋は、皮をむいている間に黒くなるので、すみやかに酢水につける。あく抜きの効果もある。

このページの作成・発信部署