現在の位置
市民の皆さんへ
食生活
地産地消
ひょう干しの煮物

ひょう干しの煮物

ページID : 103724
ひょう干しの煮物
  • ひょう干しの煮物

    作り方

    1. ひょう干しは、洗って水から火にかけ、煮立ったら火を止め、そのまま一晩つけておく。
    2. 翌日、水を2回から3回取り替える。
    3. 油揚げは、油抜きをして短冊切りにし、人参はせん切りにする。
    4. ちくわは、5mm幅の輪切りにする。糸こんにゃくは食べやすい長さに切る。
    5. (2)のひょうは、3cmから4cmの長さに切る。
    6. 油ですべての材料をさっと炒め、だし汁と調味料を加えて、中火で煮汁がなくなるまで煮る。










     

材料(4人分)

 
ひょう干し 25g
油揚げ 20g
糸こんにゃく 30g
人参 30g
打ち豆 20g
ちくわ 40g
大さじ1
しょうゆ 大さじ1
砂糖 大さじ1
大さじ2
だし汁 200ml

一人分の栄養価

 
エネルギー 109kcal
たんぱく質 3.7g
脂肪 5.3g
塩分 0.9g

いわれ

ひょうは、夏の土用の頃に干したものが一番美味しいと言われる。 正月には「今年もひょっとしていいことがありますように」と願いをこめて食べる。 山形の縁起かつぎの料理である。

アドバイス

ひょうは、軽く茹でて天日で干して保存する。
ひょう干しは、戻すのに時間がかかるので、早めに下ごしらえを始める。
煮物の他には、くるみ和えなどにして食べてもよい。

このページの作成・発信部署