現在の位置
市民の皆さんへ
土地・住宅
建築関連
山形市長期優良住宅建築等計画の認定について

山形市長期優良住宅建築等計画の認定について

ページID : 101008

長期優良住宅建築等計画認定制度の概要等

 
長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である「長期優良住宅」について、その建築及び維持保全に関する計画(「長期優良住宅建築等計画」といいます。)を認定する制度を柱とする「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月に公布され、平成21年6月4日に施行されました。
この法律に基づき、長期優良住宅の普及の促進のため、構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性の性能を有し、かつ、良好な景観の形成に配慮した居住環境や一定の住戸面積を有する住宅の建築計画及び一定の維持保全計画を策定して、建築指導課の窓口へ申請します。
また、認定を受けた住宅は、その計画に基づき、所有者等が建築及び維持保全を行うことになります。

※長期優良住宅建築等計画の認定(新築)を受ける場合は、着工前に認定の申請を行っていただく必要があります。

※なお、法令及び認定申請に必要な様式等については、次のとおりです。(平成27年4月1日より、登録住宅性能評価機関から「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「住宅性能評価書」の交付を受けている場合、長期優良住宅の建築等計画の認定申請において当該評価書を活用できるようになりました。その際の認定申請手数料については下記の「各申請に必要な認定申請手数料等」をご確認ください。)

平成28年4月1日より、既存住宅を増築又は改築する場合の認定申請が可能となりました。
※制度改正に伴い、認定申請書等の様式が改正されました。


 長期優良住宅の促進に関する法律(国土交通省ホームページ)
 認定申請書(Word形式)187kB
 変更認定申請書(第8条関係)(Word形式)34kB
 (譲受人)変更認定申請書(第9条関係)(Word形式)38kB
 (承継)承認申請書(第10条関係)(Word形式)33kB
 完了報告(Word形式)29kB
 取下届(Word形式)29kB
 取りやめ届(Word形式)29kB
 各申請に必要な認定申請手数料等(PDF形式)41kB

「長期優良住宅建築等計画」に基づく居住環境基準の取扱い

 
(1)認定申請される住宅が地区計画区域内である場合には、その地区計画区域内の制限に応じ、良好な街並み形成に配慮した計画であることが必要です。
(2)認定申請される住宅が一定規模(建築面積1,000平方メートル等)を超える場合には、山形市景観条例「美しい山形をつくる基本条例」(昭和63年市条例)に基づいて、良好な景観の形成に配慮した計画であることが必要です。
※認定申請の際、(1)については、その地区計画区域内の制限に適合することを証する「地区計画適合通知書」の写しを、(2)にあっては、その条例に基づき「届出された受理書」の写しを添えて申請する必要があります。
 
 
認定(新築)を受けた住宅には以下の優遇措置が受けられます。
税制上の特例措置
・所得税の控除(住宅ローン減税の拡充等)
・登録免許税の軽減
・不動産取得税の軽減
・固定資産税の減額期間の延長
※詳しくは、長期優良住宅に関する税制(国土交通省ホームページ)をご覧下さい。

このページの作成・発信部署