現在の位置
市民の皆さんへ
土地・住宅
建築関連
建築物を建てる場合の道路の取り扱いについて

建築物を建てる場合の道路の取り扱いについて

ページID : 101537

建築物を建てる場合の道路の取り扱いについて

建築基準法(以下「法」)第43条において、建築物の敷地は原則幅員4メートル以上の道路に2メートル以上接しなければならないとされております。
また、法第43条の改正(平成11年5月1日)により、道路の幅員が4メートル未満の道路については、判断基準が厳格化されております。
なお、以前法第42条第2項の道路として取扱われていた道に接し建築されている建物の建替えや増築計画のある場合は、建築指導課へご相談ください。

このページの作成・発信部署