現在の位置
市民の皆さんへ
届出・証明
個人番号カード
住民基本台帳カードをお持ちの方へ(重要なお知らせ)

住民基本台帳カードをお持ちの方へ(重要なお知らせ)

ページID : 103127

住民基本台帳カードと個人番号カードの関係

住民基本台帳カードと個人番号カードは重複所持ができません。住民基本台帳カードをお持ちの方で個人番号カードを申請した方は、住民基本台帳カードと引き換えに交付されます。
※マイナンバーの通知カードと住民基本台帳カードは重複所持が可能です。

(総務省ホームページより)

マイナンバー制度施行に伴う新規交付または発行の終了

マイナンバー制度が始まることにより、住民基本台帳カードの発行及び住民基本台帳カードに格納する公的個人認証サービスの電子証明書の交付は終了となります。
  • 住基カードの新規交付及び再交付は平成27年12月28日(月)17時で終了
  • 電子証明書の新規発行及び再発行は平成27年12月22日(火)17時で終了
現在住民基本台帳カードをお持ちの方については、住民基本台帳カード及び公的個人認証サービスの電子証明書の有効期限内(発行から住民基本台帳カードは10年間・電子証明は3年間)は有効となります。それぞれ有効期限が異なりますのでご注意ください。
(注:有効期限内でも住所異動等により失効する場合があります。)
※個人番号カードの電子証明書機能については、こちらの総務省のページもご参考ください
 
 1.住基カード、電子証明の更新手続きを行わなかった場合

住基カード・電子証明の有効期限内は有効となります
(有効期限は、発行から住基カードは10年・電子証明は3年間です。)

 
2.電子証明の更新手続きを平成27年12月22日まで行った場合


 
3.住基カード、電子証明の更新手続きを行わなかった場合 

自動交付機による住民票の写し等交付サービスについて

住民基本台帳カードで自動交付機をご利用の方は、当面の間、利用が可能です。
個人番号カードでは、自動交付機による交付サービスはご利用いただけませんのでご注意ください。

このページの作成・発信部署