離婚届

ページID : 101677

 

協議離婚の場合、届書を提出して受理された日が離婚の成立した日になります。
ただし、夜間休日に提出された場合は、一旦受領扱いになり、後日審査した上で届書に不備が無ければ、遡って提出した日付で受理になります。

届書右側に成人に達した方2名の署名押印が必要になります。
詳しい届書の書き方については法務省「離婚届」ページをご覧ください。
ただし、例示した事例と相違する場合には、お問い合わせください。
 
離婚した場合、婚姻の際に氏を変更した配偶者は原則婚姻前の氏に戻ります。婚姻中の氏を引き続き使用することも可能ですが、そのためには別途「戸籍法77条の2の届」が必要になります。
また、離婚後の戸籍は、氏と同じく婚姻前の戸籍に戻るのが原則ですが、希望により新しく戸籍を作ることもできます。

届出地

夫婦の本籍地または夫及び妻の住所地になります。

届出期間

裁判離婚の場合は、確定の日から10日以内になります。期間の最終日が土日祝日に当たるときは、翌開庁日までになります。

届出人

夫と妻になります。
ただし、裁判離婚(調停・和解・認諾・審判・判決)の場合は、申立人又は訴えの提起者が届出人になり、確定または成立の日から10日以内に届出が無い場合に限り、相手方からも届け出ることができます。
なお、持参するのはどなたでも構いません。

必要なもの

  • 届書・・・1通
  • 本籍地以外に届出する場合は、戸籍全部事項証明書
  • 本人確認書類
※裁判離婚の場合
  • 調停離婚・・・調停調書の謄本
  • 和解離婚・・・和解調書の謄本
  • 認諾離婚・・・認諾調書の謄本
  • 審判離婚・・・審判書の謄本と確定証明書
  • 判決離婚・・・判決書の謄本と確定証明書

関連する手続き

子どもの氏を変更する場合・・・離婚届は、あくまでも夫婦の身分を変動させる手続きになります。子どもの氏を変更するためには、子どもの住所地を管轄する家庭裁判所「子の氏の変更許可申立」をし、許可を得た上で「入籍届」を届け出る必要があります。

児童扶養手当
親子健やか医療
ひとり親家庭子育て生活支援事業

関連リンク


 

このページの作成・発信部署