死亡届

ページID : 101155

 

死亡届を提出することで埋火葬許可証が発行されます。届書は病院にありますので、取りに来られる必要はありません。

届書右側の死亡診断書(死体検案書)は医師が記入します。届書左側のみを記入いただき提出ください。
また、詳しい届書の書き方については法務省「死亡届」ページをご覧ください。
ただし、例示した事例と相違する場合には、お問い合わせください。

届出地

死亡された方の本籍地、住所地または死亡地、及び届出人の住所地になります。

届出期間

死亡の事実を知った日から7日以内になります。期間の最終日が土日祝日に当たるときは、翌開庁日までになります。

届出人

同居の親族、同居していない親族、その他の同居者、家主、地主、家屋管理人、土地管理人、後見人、保佐人、補助人及び任意後見人。
なお、持参されるのはどなたでも構いません。

必要なもの

  • 届書・・・1通
  • 届出人の印鑑
  • 後見人、保佐人、補助人及び任意後見人が届け出る場合は、その資格を証明する登記事項証明書または裁判所の謄本

関連する手続き

  • 国民健康保険加入者が亡くなった場合・・・保険証の返納、葬祭費の受け取り(詳しくは該当ページをご覧ください。)

このページの作成・発信部署