現在の位置
観光客の皆さんへ
文化・芸術
文化事業
住友財団による文化財維持・修復への助成制度のご案内

住友財団による文化財維持・修復への助成制度のご案内

ページID : 101005

2019年度住友財団助成事業「文化財維持・修復事業助成」について

公益財団法人住友財団では、日本国内の文化財(美術工芸品)の維持・修復に対し助成を行っています。
このたび、令和元(2019)年度助成事業の案内がありましたのでお知らせします。
 

助成の対象

対象となる事業

日本国内に所在する、芸術的、学術的に価値のある、後世に継承すべき美術工芸品(絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書、歴史資料、考古資料)の維持・修復事業。
ただし、祭礼等で使用される山車等の車体や車輪の修理は対象外となります。
 

申請者の資格

維持・修復を必要とする上記文化財の所有者(事情により管理者も対象となる場合があります。)
ただし、以下の所有者・管理者は対象外となります。
  • 営利法人
  • 営利目的あるいは私的鑑賞を目的に文化財を所有または管理する個人


助成の内容

助成の期間

令和2(2020)年3月~令和3(2021)年3月
 

助成額

  • 助成金総額  7,000万円
  • 助成件数  40件程度
 

応募方法

提出書類

  • 申請書
  • 学識経験者又は有識者等による推薦書
  • 対象となる美術工芸品の現況写真(カラープリントとデジタル画像を収めたCD-ROM)
なお、申請書及び推薦書は財団指定の様式があります。
提出書類の詳細・様式については、財団のホームページをご確認ください。
 

応募期限

令和元年11月30日(土)必着
 

応募先

公益財団法人住友財団まで直接ご応募ください。
なお、応募の際は、簡易書留等、配達が記録される方法で書類をお送りください。
 

応募書類等

 ・応 募 要 項  (PDF

 ・申請書様式  (PDF) (Word

 ・よくある質問 (PDF
 

選考結果について

選考は、学識経験者による選考委員会において選考のうえ、2020年3月開催予定の理事会にて決定されます。選考結果は、直ちに文書で各申請者に連絡されます。

 

その他

詳しくは下記リンク先のページをご覧ください。
住友財団「文化財維持・修復事業助成」(住友財団ホームページ移動します)。


 

このページの作成・発信部署