現在の位置
各課案内
総務部
広報課
総合情報
町内会・自治会の夏祭りの実施について

町内会・自治会の夏祭りの実施について

ページID : 110991

 現在、県境を越えての人の移動が可能となり、地域における事業等は、3密を避けること等、新しい生活様式を実践する事が重要となっています。

 町内会・自治会が開催する夏祭り(ビアガーデン・盆踊り)については、様々な問い合わせがありますが、山形県のイベント等の開催に関する基本方針に基づき、新型コロナウイルス感染症対策を徹底した上で行う必要があります。

 夏祭りを実施する際は、以下の項目を参考にし、対策を徹底した上で実施すること、また、以下のような感染対策をとることが困難な場合は、中止を含めて慎重に検討していただきますようお願いします。

 

1 夏祭り準備の段階での対策!

■事前に参加者の方へお知らせしましょう

→開催を知らせる回覧文書等で、参加する際の「手指の消毒・マスクの着用」、「発熱や風邪の症状がある方の参加自粛」を呼び掛けましょう。
 また、夏祭り当日、飲食の際には「対面ではなく横並びに座り、おしゃべりは控えること」、「お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けること」等の注意点も事前にお知らせしましょう。

 

■準備段階での会議でも感染防止対策をしましょう

→準備の段階で役員の皆さんが会議をする際も感染防止対策を徹底して行いましょう。
 

人と人との距離が保てる会場の配置をしましょう

→屋外の場合はできるだけ2m(最低1m)確保する必要があります。以下の図及び表を参考に、会場の配置も工夫しましょう。テーブル等を設置する場合、座る方が対面にならないように配置しましょう。カラオケのステージや盆踊りの矢倉を設置する場合も同様です。

→準備の場所や控室として集会所等の屋内施設を極力使用しないようにしましょう。


 

2 夏祭り当日の対策!

■会場にアルコール消毒液を設置しましょう

→参加者の手指の消毒のため、会場にアルコール消毒液を設置しましょう。

 

■参加者の連絡先を把握しましょう

→感染者が出たときのために、参加者名簿等を作成し、参加者の氏名・連絡先(電話番号等)を把握しましょう。

 

■会場の状況を確認しましょう

→開催当日は、随時会場の状況を確認し、3密の状況が見受けられた場合は、入場制限や誘導等を呼び掛けましょう。

 

3 夏祭り後の対策!

夏祭り後の懇親会等は控えましょう

→例年、夏祭り後に懇親会等を行っている町内会・自治会もあると思いますが、感染のリスクが高まるため、そのような交流の場は、極力設けないようにしましょう。



このページの作成・発信部署