現在の位置
各課案内
商工観光部
雇用創出課
総合
企業オンラインスキルアップ等応援事業費補助金について

企業オンラインスキルアップ等応援事業費補助金について

ページID : 111299
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止及び緊急時における事業継続対策として、中小企業・小規模事業者等が在宅勤務やWeb商談会等を可能とする、テレワーク環境の整備による職場環境の改善に取り組む事業に対し、補助金を交付します。

 ・山形市企業オンラインスキルアップ等応援事業費補助金 応募要領  
 ・補助金に関する補足事項
 

1 対象者

  山形市内に本社を有する中小企業・小規模事業者及び個人事業主

  ※常時使用する従業員がいない者を除く

2 対象事業

  在宅勤務やWeb商談会等を可能とする、テレワーク環境の整備による職場環境の改善に取り組
  む事業。

3 補助対象経費

 ①機器等購入費(それぞれ税抜10万円未満。)
  パソコン、タブレット、スマートフォン、携帯電話、ディスプレイ・モニター、キーボード、  
  マウス、プリンター、スキャナー、VPNルーター、サーバおよびNAS、無線LAN機器(親
  機、子機)、Web会議用機器(カメラ・スピーカー・ヘッドセット)、リモートWOL装置

 ②ソフトウェア購入費
  導入型ソフトウェア(業務ソフトウェアに限る。)

 ③委託費
  ネットワーク構築作業費/VPNルーター等、機器の設置・設定作業費、導入機器、導入
  ネットワークの保守費用、
導入機器等の操作説明等にかかる委託料(研修費用・マニュアル
  作成費)

 ④賃借料(令和2年4月~令和3年1月利用分)
  ①機器等購入費に記載の機器等をリースする場合のリース料
  ※実績報告時に月額利用料金が分かる書類(契約書、領収書等)を提出

 ⑤使用料
(令和2年4月~令和3年1月利用分)
  コミュニケーションツール(会議システム、チャット、データ共有)利用料、管理ツール(勤
  怠管理、在籍管理、業務管理)利用料、業務ソフトウェア利用料、セキュリティソフト利用
  料、リモートアクセスツール利用料、グループウェア(ワークフロー、リモートワークアプ
  リ)利用料
  
※実績報告時に月額利用料金が分かる書類(契約書、領収書等)を提出

4 補助率・補助金額

   補助対象経費の3分の2で上限100万円

5 補助事業実施期間

   令和2年4月7日~令和3年1月31日

6 応募受付期間

   令和2年10月5日~令和2年12月31日

7 申請方法等

 (1)補助金交付申請書(様式第1号)(Word形式PDF形式記入例)に以下の書類を添えて
    郵送にて提出してください。
    ①テレワーク環境整備計画書(様式第2号)(Word形式PDF形式記入例
    ②補助対象事業に係る費用がわかる資料の写し(見積書、契約書、納品書、請求書、写真、
     カタログ等)で現時点で提出できるもの
    ③反社会的勢力排除に関する誓約書(様式第3号)(Word形式PDF形式記入例

 (2)申請書送付先
    〒990-8540 山形市旅篭町二丁目3番25号
     山形市役所 雇用創出課 雇用労政グループ 宛

8 実績報告等

 (1)事業終了後速やかに実績報告書(様式第4号)(Word形式PDF形式記入例)に以下
    の書類を添えて郵送にて提出してください。
    ①補助対象事業に係る領収書の写し(補助対象経費の内容について記載のあるもの)
    ②補助対象事業完了後の現場写真
        ③通帳の写し(振込口座の内容(金融機関・支店名・口座番号・口座名称(カタカナ))が
     印字されている部分)

 (2)事業終了後30日以内もしくは令和3年1月31日のいずれか早い方で実績報告書を提出く  
    ださい。

9 補助金に係る消費税等仕入控除税額報告書について

   補助金に係る消費税等仕入控除税額が確定した段階で、「補助金に係る消費税等  
    仕入控除税額報告書」(様式第5号)
Word形式PDF形式記入例を忘れずに提出してく
    ださい。
        ※実績報告書を提出の際に確定している場合は、その際に提出ください。なお、  
     補助金返還相当額が0円の場合も提出が必要です。
    

 



このページの作成・発信部署