現在の位置
各課案内
消防本部
救急救命課
総合情報
10月から応急手当講習優良証交付制度が始まります

10月から応急手当講習優良証交付制度が始まります

ページID : 109923

応急手当講習優良証交付制度とは

一定の条件を満たした法人、事業所などに対し優良証を発行しHPで優良企業として公表します
 

応急手当受講優良証交付の目的

 急な病気やけがなどの救急現場に遭遇した際、その場に居合わせた人が、救急車到着までの間、救命に必要な応急手当を実施することがとても重要です。

特に様々な人が多く集まる事業所や宿泊施設、ショッピングセンター、更には地域の自主防災組織などにおいては自らが実効性のある応急救護体制を構築しておくことが必要です。

そこで山形県では、日常生活と大規模地震災害等にも備えた自助、共助の地域の力を高め、応急手当を必要とする人に、身近な人がいち早く助けの手を差し伸べることのできる積極的な体制づくりを奨励しています。
 

優良証の交付

次に示す交付要件を満たした事業所・団体に対し、山形県救急業務高度化推進協議会から「応急手当講習受講優良証」を交付します。(有効期限3年)

1.普及活動を行っている応急手当指導員又は応急手当普及員が在籍し、全従業員等の30%以上が「普通救命講習」、「上級救命講習」または「日本赤十字社救急法基礎講習」を受講済みで有効期限内であること。

2.応急手当指導員等が在籍しない事業所においては、全従業員等の50%以上が「普通救命講習」、「上級救命講習」または「日本赤十字社救急法基礎講習」を受講済みで有効期限内であること。
※自主防災組織等においては、「従業員等」を「構成世帯」に読み替える
※救命入門コースは対象外です
 

交付申請等

・交付申請に費用は発生しません
・申請様式等は山形県ホームページ(こちら)からダウンロードできます
・申請書に必要事項を記入し、応急手当講習修了者名簿を添付し、窓口である消防本部又は県消防救急科に直接申請してください。
・優良証を交付した事業所については山形県ホームページ等で積極的にPRします


このページの作成・発信部署