現在の位置
各課案内
教育委員会
社会教育青少年課
総合情報
山形市郷土館(国指定重要文化財・旧済生館本館)

山形市郷土館(国指定重要文化財・旧済生館本館)

ページID : 101880

「山形市郷土館」は国指定重要文化財の「旧済生館本館」を活用した施設です。

「山形市郷土館」について

 「旧済生館本館」は、明治11年9月に竣工した擬洋風の病院建築物です。最初は県立病院として使用され、その後、明治21年に民営移管となり、明治37年からは市立病院済生館の本館として使用されました。創建当時は医学校が併設され、オーストリア人医師・ローレツが近代医学教育の教鞭をとったことでよく知られています。
 昭和41年12月5日に国の重要文化財に指定され、それに伴い霞城公園内に移築復元の運びとなりました。昭和44年に移築復元工事が完了し、管理棟を付設のうえ昭和46年に「山形市郷土館」として新たに出発しました。
 現在、1・2階を一般に公開し、郷土史・医学関係資料を展示しています。

重要文化財「旧済生館本館」のみどころについてはこちらのページをご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。

施設概要

住所    〒990-0826山形県山形市霞城町1-1(霞城公園内)
電話/FAX 023-644-0253
開館時間  午前9時~午後4時30分
休館日   年末年始(12月29日~1月3日)

なお、開館時間・休館日は季節・イベント等によって利用時間が変更になる場合があります。
 

入館料

郷土館からのお知らせ

平成30年度 山形市郷土館企画展「やまがたをさかのぼる」を開催します

考古資料や地図、写真などを展示し、山形の歴史を紹介します。

•開催期間:平成30年9月15日(土)~平成30年11月21日(水)
•会場:山形市郷土館1階ロビー
詳細につきましては、以下のページをご覧ください。
山形市郷土館企画展「やまがたをさかのぼる」について




「旧済生館本館見学会」を開催します

明治時代初期の貴重な擬洋風建築の旧済生館本館。講師による説明を受けながら、普段は非公開の3・4階もご覧いただけます。
  • 日時:平成30年9月22日(土)午前10時30分~正午
  • 会場:山形市郷土館(旧済生館本館)
  • 定員:15名程度
  • 費用:無料
  • その他:見学会の参加には事前申し込みが必要です。9月12日(水)までにお申し込みください。
詳細につきましては、以下のページをご覧ください。
「旧済生館見学会」について
 

「絵葉書」、「しおり」はいかがですか

 郷土館ではご来館いただいた皆様に「絵葉書」と「しおり」を無料でお配りしています。
 「絵葉書」は明治末期の済生館の写真を使用したものです。「しおり」は郷土館のスタンプを押したものです。

 絵葉書は受付窓口の脇に設置しておりますので、ご自由にお取りください。また、しおりをご希望される場合は、職員にお声がけください。
 ご来館の記念として、ぜひお持ち帰りください。

 

郷土館フォトギャラリー

9月の郷土館の様子です。郷土館も秋の姿に変わっていきます。


丸葉縷紅草(マルバルコウソウ)
五角形の鮮やかな朱色の花が咲いています。
葉が丸く、花は縷紅草に似ていることから名付けられました。


風船葛(フウセンカズラ)
郷土館の玄関の階段を上がった左側にあり、
風船のような果実を見て楽しめます。

郷土館フォトギャラリーのバックナンバーはこちらからご覧ください。
 

施設へのアクセス

霞城公園(山形城跡)南東隅にあります。

アクセス方法

鉄道
JR山形駅
山形駅西口から霞城公園南門経由で徒歩約15分
 
バス
「霞城公園前」下車
東大手門経由で徒歩約15分
 
自動車
山形自動車道山形蔵王ICより約15~20分(※霞城公園北門からのみ進入可。)
 
駐車場等について
大型バスは、東大手門東側の観光バス専用駐車場をご利用ください。
一般の方は、霞城公園北東部にある駐車場をご利用ください。

自転車は、郷土館敷地内駐輪場を利用ください 。

郷土館だより(年1回発行)

『郷土館だより』は、山形市郷土館の広報誌です。
「郷土館だより」は、こちらのページからご覧ください。

このページの作成・発信部署