現在の位置
各課案内
環境部
環境課
総合情報
山形市における微小粒子状物質(PM2.5)の情報について

山形市における微小粒子状物質(PM2.5)の情報について

ページID : 103488
現在のPM2.5の注意喚起状況はこちらから
(外部リンク:山形県ホームページへ)
 

山形県の注意喚起の判断と当面の対応

(1)山形市への注意喚起は、測定地点4箇所(山形市十日町、天童市老野森、山形市下山家、上山市元城内)での測定結果を元に山形県が実施します。

(1)午前中の早めの判断として、午前5時、6時、7時までの一時間値の平均値が85μg/㎥を越えた場合、山形県が午前7時30分までに注意喚起を実施します。
(2)午後からの活動に備えた判断として、午前5時から12時までの一時間値の平均値が80μg/㎥を越えた場合、山形県が午後0時30分までに注意喚起を実施します。

(2)山形県では、県のホームページ、テレビ、ラジオを通して周知を行います。
(3)注意喚起は、翌日午前0時で自動的に終了します。ただし、午後5時までに2時間連続して50μg/㎥以下に改善された場合は、注意喚起が終了した旨周知を行います。

山形市の周知の方法について
注意喚起が実施された場合、山形市では、ホームページ、防災情報メールマガジンにより、市民の皆さんへお知らせします。

★防災情報メールマガジンとは:メールアドレス等を登録していただいた方に、防災情報等を電子メールで配信するサービスです。メールアドレスをお持ちの方はどなたでも登録でき、携帯電話やパソコンで受け取ることができます。 ぜひ、防災情報メールマガジンにご登録ください。
⇒防災情報メールマガジンの登録はこちらから
 

注意喚起時の行動の目安等

「PM2.5に関する注意喚起がされた際には・・・」
(1)不要・不急の外出や、屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らしてください。
(2)屋内においても換気や窓の開閉を必要最小限にするなどにより、外気の屋内への侵入をできるだけ少なくし、その吸入を減らすことに留意してください。
(3)外出する際は、マスクの着用をおすすめします。なお、医療用や産業用の高性能な防じんマスクがより効果的です。
(4)呼吸器系や循環器系の疾患がある方、小児、高齢者は特に注意してください。

 

微小粒子物質(PM2.5)とは

微小粒子状物質 とは、「PM2.5」とも言い、大気中に浮遊する粒子状物質のうちでも特に粒径の小さいもので、直径が2.5μm(2.5mmの千分の1)以下のものです。粒径が小さいことから肺の奥深くまで入りやすく、表面に様々な有害物質が吸着しているため、呼吸器疾患、循環器疾患及び肺がんの疾患に影響を与えることが懸念されています。
 

山形市内における微小粒子物質(PM2.5)の測定について

山形市内における微小粒子物質(PM2.5)の測定は、山形県が下記2箇所の測定局で実施しています。
・十日町局(衛生研究所敷地内)
・下山家局(鈴川ことぶき荘敷地内)

なお、山形市への注意喚起の判断には上記2箇所に加え、
・天童市老野森局
・上山市元城内局の測定値が使用されます。

測定状況は、下記のリンクより、ご覧いただけます。
山形県における微小粒子物質(PM2.5)の測定状況について(外部リンク:山形県ホームページへ)
環境省大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」(外部リンク:環境省ホームページへ)

環境基準について

環境基準は、環境省告示で、1年平均値(長期基準)が15μg/m3以下、かつ、1日平均値(短期基準)が35μg/m3以下であること、となっています。

このページの作成・発信部署